大本命はリッター40kmの次期プリウス 15年注目の新車

日経トレンディ

2014年12月、トヨタ自動車が燃料電池車(FCV)「MIRAI(ミライ)」の一般販売についに乗り出した。走行時に二酸化炭素(CO2)を一切排出しない“夢のクルマ”が512万円(国の補助金支給後)と、「クラウン」並みの価格で発売されたインパクトは大きい。販売店の受注数は早くも1000台を突破したもようだ。

トヨタは急きょ、現状の年産能力の700台を2016年に2000台、2017年に3000台にまで大幅に増強する予定。それでも、2015年中にミライを手にできるのはごく一部の人だけだ。

超黎明期の燃料電池車と異なり、誰もが買えるエコカーとして圧倒的な販売台数が見込まれるのが、4代目となる「プリウス」(トヨタ)。2015秋頃に登場予定で、現行モデルのハイブリッド機構「THS II」から大幅に効率化された新システムを搭載し、プラットホームの刷新で軽量化が進む。

「燃費の開発目標は、40km/Lの見通し。JC08モードで最高32.6km/Lの現行モデルを大幅に超える」(自動車評論家の松下宏氏)といわれ、期待通りエコカーの主役の座を堅持しそうだ。

[注]新型車の発売時期や車両価格は、日経トレンディ編集部の予測。価格はすべて税込み
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
スーパーカーNSXが復活
MONO TRENDY連載記事一覧