私の年金これだけ? 「定期便」で慌てぬ基礎知識夫婦なら加算あり 加入期間しっかり確認

平日の夜、「たいきちマネー相談所」では鯛吉が1人で仕事をしています。突然ドアが開いて現れたのは藤志郎。「夕飯でもどう?」。2人は近くの居酒屋へと向かいました。
大学で金融を勉強中の初野新衣紗(はじめの・にいさ=上)と父の藤志郎(とうしろう=中左)、母の利子(りこ=中右)、隣に住むファイナンシャルプランナー・税理士の有賀鯛吉(ありが・たいきち=下)

とうしろう ほら、見てよ。新衣紗の成人式の写真。きれいだろう。我が娘とは思えない。

たいきち うひゃー。見違えますね。この振り袖も、すごく良い物では。

とうしろう お目が高いね。実はオヤジが金を出してくれてね。「かわいい孫娘のため」だってさ。しかし私は孫に着物を用意したりはできなさそうだ。シュン。

たいきち どうしたんですか? 急に暗い顔して。

とうしろう 年末の大掃除で、この「ねんきん定期便」を見つけたんだ。私がもらえる年金は思ったよりずっと少ない。妻に見つかったら「老後のために貯蓄よ」と言って小遣い減額は確実だ。見てよ、ほら。

たいきち ちょっとお借りしますね。うーん、これを見る限り、特別少ないことはなさそうですが。

とうしろう そうかい? これでは生活するのがやっとだよ。孫娘の振り袖どころか、お年玉すら渡せないかも。

たいきち 心配し過ぎですよ。実際に夫婦で受け取る公的年金はもっと多いはずです。まず、このねんきん定期便に記載している金額は藤志郎さんの分だけ。定期便は世帯でなく、個人単位です。奥様の分は別にあります。

とうしろう そうか、利子の分もあるのか。いくらなんだい?

たいきち それは何とも……。例えば老齢基礎年金、いわゆる国民年金が満額なら年約77万円ですね。65歳から受け取れます。

とうしろう おお、それは大きいな。

たいきち 奥様は年下でしたよね。それなら藤志郎さんが年金を受け取り始めてから、奥様が65歳になるまでは配偶者加給年金が上乗せされます。いわば年金の家族手当で、年39万円ほどです。

とうしろう 助かるね。妻が65歳になったら?

たいきち ご本人の年金支給が始まるので加給年金はなくなります。65歳以降は振替加算という配偶者への上乗せがあるのですが、若い人ほど金額は少なく、1966年4月以降に生まれた人はゼロです。加給年金も振替加算もねんきん定期便では分からない給付です。

とうしろう 残念。利子は対象ではなさそうだ。それにしても、人騒がせだな。ねんきん定期便というのは。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし