音声通話付きSIMでも通信料金は下げられる

音声通話付きSIMでこれまでの電話番号を引き継ぐ場合は、事前に取得したMNP予約番号をウェブページに登録する(図8)。数日後にSIMカードが自宅に郵送で届くので、スマホ側でセットアップすれば通話できる。

通話料金を下げたいなら、「楽天でんわ」などの格安通話サービスを活用しよう。発信通知番号はそのままで、料金が通常の約半分になる(図9)。

[左]図8 ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」を例に、MNPで音声通話付きの格安SIMを契約する方法を見ていこう。MNP予約番号と本人確認用書類のデータが必要なので事前に用意しておく。ウェブページ上での手続きは、本人確認用のデータ(免許証を撮影した画像ファイルなど)をアップロードし、MNP予約番号を入力する。本人確認の完了後、ビッグローブから郵送でSIMが届く [右]図9 楽天でんわは、090/080/070番号のスマホ利用者だけが使える格安通話サービスだ。国内通話が10円/30秒とお得になる。専用ページで申し込み、専用アプリをインストールすれば利用できる

(日経PC21 石坂勇三)

(日経PC21 2015年2月号の記事を基に再構成)

iPhone6&iOS8活用事典 2015年最新版 (日経BPパソコンベストムック)

著者:日経PC21編集部
出版:日経BP社
価格:745円(税込み)

Androidスマホ即効ワザ 2015年最新版 (日経BPパソコンベストムック)

著者:日経PC21編集部
出版:日経BP社
価格:745円(税込み)

MONO TRENDY連載記事一覧