マネー研究所

桐谷さんの株主優待入門

旅行で使えるお得優待 宿泊券やレンタカー割引も 投資ビギナー必見 株主優待入門

2015/1/5

日経マネー

株主優待というと、日常生活に役立つものという印象が強いかもしれませんが、旅行時に役立つものもたくさんあります。中には自分では使わなくても、金券ショップなどに持ち込めば高値で売れるものも。桐谷さんに旅行関連銘柄を教えてもらいました。
桐谷広人(きりたに・ひろと) 65歳。プロ棋士(七段)。1984年の失恋を機に株式投資を始める。現在400以上の優待銘柄を持ち、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒される人柄も人気の理由

こんにちは、桐谷です。皆さんは年末年始をいかがお過ごしでしょうか。私は広島に帰省する予定です。この冬は天気が大荒れの地域が多いので、大雪などにならないことを祈るばかりです。

株主優待というと、食べ物がたくさん届いたり、QUOカードや図書カードがもらえたりなど、日々の生活に役立つといったイメージが強いかもしれません。しかし、実は旅行や帰省の時にもお得に使える優待が結構あるんです。

宿泊はもちろん、飛行機や電車、レンタカーなどの料金が割引、もしくは無料になります。中には豪華客船のツアーの割引券などもあり、多種多彩です。年末年始の旅行には間に合いませんが、次の計画を立てる前に、旅行関連銘柄にも目を向けてみたいものです。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL