10歳で誘拐、地下室に8年監禁されたウィーンの少女ありえない生還劇

ナショナルジオグラフィック日本版

1998年3月1日の朝、オーストリアのウィーンに暮らす少女、ナターシャ・カンプシュは、かばんに勉強道具を入れ、いつものように学校に向かった。ところがそれ以来、彼女は8年にわたって家族の前から姿を消してしまう。ナターシャは10歳だった。

ウィーンの街並み。(S-F/Shutterstock)

警察、痛恨のミス アリバイのない男の説明を信じる

ナターシャが白いマイクロバスに引きずり込まれるのを見たと、12歳の目撃者が証言した。警察は大がかりな捜索を開始し、776台のマイクロバスを調べた。その中にはボルフガング・プリクロピルの車もあった。彼はナターシャが暮らす家から30分ほどのところに住む元エンジニアだ。

プリクロピルにはアリバイがなかった。マイクロバスを所有していることを認めたが、仕事でいろいろなガラクタが出るので、それを自宅に持って帰るのに必要なのだと主張した。警察はその説明を真に受けた。

ナターシャは誘拐された時にパスポートを持っていたので、警察は国外にも捜索の輪を広げた。しかし、それ以上手がかりはつかめず、結局、彼女の行方はわからなかった。

広さ5平方メートル、地下室に8年間

プリクロピルは、ガレージ下の窓のない防音の地下室にナターシャを閉じ込めた。広さはわずか5平方メートルで、扉は鋼鉄で補強されたコンクリート製だった。この出入り口は金庫で塞がれていた。

「お前はもうナターシャじゃない。俺のものだ」

その後の6カ月間、この小さな部屋が彼女にとっての全世界となる。のちに、プリクロピルは彼女が一時的に上の階で過ごすことを許したが、眠るときと、自分が仕事に出かけるときは、必ず地下室に戻した。加えて、家のドアと窓には強力な爆薬が仕掛けてある、逃げようとしたら持っている銃で撃ち殺す、と脅していた。

ナターシャは誘拐犯に絶対服従の生活を強いられた。家の中では、プリクロピルのきっちり1メートル後ろを歩くよう強制された。たびたび殴られ、歩けなくなることもあった。眠っているときは手錠をかけられた。髪をそられ、奴隷として家事をさせられた。

ナショジオメルマガ
注目記事
次のページ
独学で勉強、不屈のサバイバル・スピリット
ナショジオメルマガ