マネー研究所

マネー女子力

レシート・通帳…お金の書類、これは捨ててOK・NG 深田晶恵の目指せ! マネー美人

2014/12/19

日経ウーマン

年末年始に向けてお部屋をすっきりさせる季節ですね。お金まわりの書類やモノも、どの段階で捨てるといいのだろうと迷うことが多いものです。特にお財布の整理は、ため上手になるためにはマストの作業。今回は、詰め込み財布卒業のコツから、ファイルにたまるお金関連の書類の捨て時期まで伝授します。

まず、お財布の整理。レシートとポイントカードでいっぱいだと、それらに埋もれて今いくらお金が入っているのか分かりにくくなります。お財布の主役はお金。見た目も美しくない詰め込み財布はNGです。

(イラスト:小迎裕美子)

レシートは、お財布にためないのが一番。家計簿を付けている人でも、週に2~3回は整理しましょう。家計簿を付ける習慣がない人は、すぐに捨ててしまってOK。「1カ月のお財布出費予算」を決めて、予算オーバーさえしなければ、使った内訳を書く必要はありません。

ポイントカードは、おトク度と利用頻度を見極めるのがコツ。「ポイントカードを作りましょうか」と声をかけられたら、そのお店で1年間どのくらい買い物するか考えてみましょう。たとえば、還元率2%なら10万円買い物して2000円分のおトク。5万円なら1000円。1年で1000円以上のおトクがないならそのポイントカードは捨てていいでしょう。迷ったときには、「お財布の主役はお金」が合い言葉。

このコラムの編集担当のSさんは古くなったお財布の処分に迷うそう。毎日使うものは愛着がわくので、新しいお財布を買ってすぐに捨てるのは忍びない気がします。

私も古いお財布を「旅行のときにでも使うかな」と捨てずに持っていたこともあったのですが、結局一度も使わずじまい。あるとき「長い間ありがとう」とお財布に声をかけてから処分しました。愛着があるモノには声がけ法がいいかもしれません。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL