プリンター複合機あれば簡単 写真のデジタル化

自宅の複合機で手軽にデジタル化

「お手軽」コースは、複合機単体で取り込む。キヤノンの「ピクサスMG7530」を例に解説しよう(図2、図3)。まずは写真を原稿台に並べる。

[左]図2 写真を複合機にセットし、取り込みが完了するとパソコンに自動転送されて保存される。パソコンは起動しておくだけでOKだ [右]図3 A4サイズの取り込み・印刷対応の複合機。本体の幅がスリムになり、角が丸みを帯びた新デザイン。NFC対応スマホを操作パネルの右側にかざして、写真を転送、印刷できるようになった

L判なら4枚まで同時に取り込みが可能だ(図4)。写真同士が近いと複数枚の写真として認識されないため、約1センチ以上の間を空けること。

MG7530は標準で、「おまかせスキャン」というモードで原稿の種類を自動判別し、写真を取り込んでパソコンに自動保存してくれる(図5、図6)。ユーザーはほぼ手放しでOKだ。

[左]図4 原稿台に写真を置く。原稿台の端から1ミリは読み取れない。写真を複数枚並べるときはこの領域を避け、写真同士は1センチ以上離すこと。写真の向きは取り込み後に回転できるが、縦向きの写真はできれば左側を上にするとよい。多少の傾きは自動で補正してくれる [右上]図5 複合機の液晶モニターで「スキャン」をタッチ(1)。「保存先の選択」画面が表示されたら、「パソコン」を選ぶ(2) [右下]図6 「原稿種類」が「おまかせスキャン」(1)、保存先がパソコンになっていることを確認(2)。液晶モニター右側にある「COLOR」ボタンをタッチすると、写真の取り込みが始まる(3)
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
キヤノンは標準設定を変えたほうが使いやすい
MONO TRENDY連載記事一覧