野菜くずがお宝に 栄養満載のだし「ベジブロス」

野菜くずを両手いっぱい分 ベジブロスの材料

どの家庭でも出る「野菜のくず」がベジブロスの主な材料だ。複数の種類を入れるほど、おいしく仕上がる。

ベジブロスは、材料となる野菜を選ばない。ただし、最低限5種類以上の野菜のくずを使うようにしたい。それぞれの野菜が持つうまみの相乗効果で、よりおいしく仕上がるからだ。

基本となる材料は、どこの家庭にもあるような定番野菜の切れ端。5種類以上の野菜を目安としよう。できれば、香りがアップするパセリやセロリを入れたい

「香りが良くなるセロリやパセリ、味・色共に良くなる玉ネギの皮はぜひ入れたい野菜。これらをベースに、多くの種類の野菜を入れるほどおいしくなります。栄養価の高い旬の野菜を使うのがお勧めです」(料理家のタカコ ナカムラさん)。

なお、キャベツやブロッコリーなどアブラナ科の野菜は独特の風味が出る。入れ過ぎないないように気を付けたい。

野菜のくずや切れ端が両手いっぱい分に満たない場合は、煮干しなど一般的な和風だしの材料や、香りの出る材料を1品加えるとよい
カボチャの種とワタなど、一見「こんなものまで」というような野菜くずも意外に立派な材料。だしの旨みとなるので、試してみよう
注目記事
次のページ
「煮る→こす」の4ステップで完成 ベジブロスの作り方
今こそ始める学び特集