MONO TRENDY

デジモノNAVI

大事な予定はスマホに通知 クラウド手帳活用術

2014/12/16

日経PC21

図1 グーグルカレンダーには、登録した予定が始まる前に通知して教えてくれる機能がある。通知はパソコンやスマホで受け取れるので、大事な予定を必ず通知させて忘れないように努めよう

予定を手帳に書きとめておいても、忘れてしまったら元も子もない。大事な予定なら、なおさらだろう。

でも、クラウドにスケジュールを保存する「クラウド手帳」なら心配は無用だ。グーグルカレンダーが秘書代わりとなり、予定の開始時刻前に教えてくれる。これこそクラウド手帳ならではのメリットだ。大事な予定は、グーグルカレンダーに通知させよう(図1)。

グーグルカレンダーの通知方法は、なかなか強力だ。予定時刻が近づくと、パソコンやスマートフォン(スマホ)に通知が届く。パソコンなら、操作しているウインドウの上にポップアップで表示する。パソコンの前にいないときや、屋外にいるときは、スマホで通知を受け取れる。大事な予定を思い出すには十分だ。

■スマホ画面に予定が届く

実際に使ってみよう。通知方法と通知時刻(タイミング)は、予定ごとに設定できる(図2)。新しく予定を追加するときは、メニューの編集をクリック。登録済みの予定ならカレンダー上で予定をクリックし、編集画面を開く。

図2 予定ごとに通知を設定する。予定の編集ページを開き、「通知を追加する」をクリック(1)。現れたメニューで通知方法を「ポップアップ」か「メール」から選び(2)、何分前に通知するかを指定する(3)。予定の編集ページは予定の新規作成メニューで「編集」をクリックするか、登録済みの予定をクリックし、現れたメニューで「編集」を選ぶ

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL