「マッサン」 たくましく生きて輝いた夫婦の物語日経エンタテインメント!

NHK「連続テレビ小説」の勢いが止まらない。ここ数年好調が伝えられるなか、2013年放送の『あまちゃん』以降は3作連続で平均視聴率が20%を超えた。現在放送中の『マッサン』も高視聴率をキープしている。

物語は、日本のウイスキーの誕生を支えた竹鶴政孝と妻のリタがモデル。大正時代、国産ウイスキー作りに生涯をかけたマッサンこと政春(玉山鉄二)と英国・スコットランド出身の妻、エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の人生を描いている。外国人ヒロインのキャストを国内外から募集することで、放送開始前から注目を集めていた。制作統括を務めるNHK大阪放送局の櫻井賢氏が2年以上かけて用意した企画だ。

大物俳優に囲まれ、食べながらセリフを言う演技は想像以上に難易度が高い。そこでのシャーロットの熱演にも注目だ

「九州に行った際、手にした小冊子で竹鶴夫妻のことを知りました。夫婦の出発点が大阪だったことから、大阪発でドラマが作れるのでは、と資料を集めました」(櫻井氏)

50年以上の歴史を持つ連続テレビ小説。「黒髪女性」の一代記を描き続けてきた同枠で、外国人をヒロインにすることに異議をとなえる声は上がらなかったのか。

「むしろ好反応でした。この企画が通った理由のひとつに、朝ドラにも挑戦は必要、との考えが局内にあったからではと思っています」(櫻井氏)

放送開始後は、玉山とシャーロットの演技に対する好意的な意見が多く寄せられているという。玉山起用について櫻井氏は「映画『綱引いちゃった!』で地方の素朴な青年役の演技を見て、それまでのイメージが一掃されて。クールな二枚目とは全く違う一面に魅了されました」と話す。

シャーロットは、国内232人、国外289人の応募者から選んだ。29歳で、母国アメリカでもキャリアのない無名女優だが、「プロ意識の高さに頭が下がる」という。

「セリフを少なくとも40回以上声に出し、自分のものにする。想像を絶する努力を続けているシャーロットは本物の女優だと思う。その姿勢は視聴者の皆さんにも伝わっているようで、『エリーがすてき』との声が本当に多い」(櫻井氏)

日本の旧式の家事や(左)、ときに自分の前で弱さを見せる夫にも凛と向き合う姿は、朝ドラヒロイン像そのもの
エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
嫁いびりが物語に奥行きを
エンタメ!連載記事一覧