マネー研究所

保険の新常識

宝くじや競馬から考える「保険の還元率」 保険コンサルタント 後田亨

2014/12/1

皆さんに「お金の使い道」を考えていただく質問です。自分が払うお金のうち、後で手元に戻ってくる割合(還元率)とその判断材料の程度が次のように異なる3つの商品があり、どれか1つを必ず買わなければいけないとすればどれを選びますか。

(1)還元率が50%弱だという判断材料がある商品
(2)還元率が75%だという判断材料がある商品
(3)還元率が50%未満~80%程度だとみられるが、判断材料が乏しい
保険はコスト構造や費用対効果まで考えず加入しがち。しかしいろんな保険に長期にわたって手を出せば、家計の負担は確実に増す

私なら、しいていえば(2)を選びます。(1)は(2)より還元率が低いので論外です。(3)は還元率がいちばん高い80%程度だとしても(2)とそれほどの差はありませんし、何より判断材料が不十分な商品にはうかつに手を出したくありません。

この問題は「年末ジャンボ宝くじ」を買う人でにぎわう売り場を通りかかりながら思いついたものです。私は「保険は必要最小限の利用にとどめましょう」という原稿を書くうちに、保険を宝くじや競馬と比較することが多くなりました。宝くじや馬券の売り上げも保険料も、運営費などを差し引いて当せん金や払戻金、保険金に充てる仕組みは基本的に同じだからです。

「宝くじ公式サイト」で開示されている収益金の使い道を見ると、2012年度の販売実績が9135億円、このうち支払われた当せん金は4284億円です。また日本中央競馬会(JRA)の13年度の損益計算書によると、2兆4147億円の勝馬投票券収入に対し勝馬投票券諸支払金が1兆8106億円。還元率はそれぞれ46.9%、75%になり、宝くじを買った人たちは結果的に1万円につき4690円、馬券は同7500円を買った計算になります。

では保険はどうでしょうか。生命保険協会の「生命保険の動向」によると、加盟43社の13年度の保険料収入は約34兆7000億円ですが、保険は長期契約が基本なので、単年度の保険金などの支払い実績を保険料収入で割って還元率とするのは無理があります。また死亡や医療といった保障型保険と年金などの貯蓄型保険では、後者の還元率の方が高くなければ商品として通用しないはずです。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL