エンタメ!

エンタウオッチング

松坂桃李、実在の全盲弁護士を演じきった 特別対談

2014/11/28

大胡田誠さんは全盲でありながら司法試験に合格した、日本で3人目の弁護士だ。なんと5回目の挑戦でその夢を実現した。ハンディに負けず「あきらめない心」をどのようにして維持しているのか。その半生を綴った著書『全盲の僕が弁護士になった理由』(日経BP社)は2012年に発売されたそう新しくはない本だが、このところ全国の書店員さんから幅広い応援を集めている。
実は、12月1日にこの書籍を原案として同名の2時間ドラマが放送される(21時からTBS系列で全国放送予定)ことが、ブームの追い風になっているようだ。そのドラマで、主役を演じる俳優の松坂桃李さんと大胡田弁護士が、撮影の秘話や、お互いの仕事への向き合い方などについて語り合った。

――お二人は大胡田さんの著書『全盲の僕が弁護士になった理由』を元にしたドラマが縁で知り合われたのですよね?

大胡田誠弁護士(右)の半生を綴った書籍『全盲の僕が弁護士になった理由』を原案にしたドラマが2014年12月1日TBS系列で放送される。主演で全盲の弁護士を演じる松坂桃李さん(左)。二人の対談が実現した (写真:藤本和史、以下同)

大胡田誠弁護士: はい。僕の勤める弁護士事務所に来てくれたのが最初だったと思います。その時から、今日会ってこうやって話しているのと変わらず、柔らかで人を包み込むような優しさのある人だなと感じました。

松坂桃李: 僕こそ笑顔で迎えてくださって、すごく温かい方だなと思いましたよ。

■自宅にお邪魔して密着取材も

――松坂さんは役作りのために、大胡田さんに密着取材されたそうですね?

松坂: 今回演じた大河内健介は、大胡田さんがモデルですから当人に密着するのが何よりかなと思ったんです。個人的にも過去にそういう作品がないか洋邦画問わず探したんです。しかし、日本の作品では特に全盲の人を演じる時は、サングラスをかけていることが多くて。

大胡田: そうなんだ。さすがに法廷でサングラスはかけられないよね。

松坂: いいヒントになったのは、アル・パチーノが演じた映画「セント・オブ・ウーマン」。サングラスをかけなくても、まるで目が見えないかのように演じているのを見て勇気が湧いてきました。でも、実際に演じるに当たり、密着させてもらったことが本当に役に立ちましたね。

大胡田: 例えばどんなことが?

松坂: ほぼ全てです。たとえば上着を着たり鞄から何かを取り出そうとしたりする動きもそうですし、ものを食べるにしても、それが箸なのかスプーンなのかでも違ってきます。そういった細かいところは特に。

大胡田: そんなところまで、じっくり観察していたんですね。すごいな…。

松坂: ドラマ、フィクションだからこそ、細かいところは逆に丁寧に、うそがなるべくないように演じた方が物語に説得力が生まれるのかなと思ったんです。

大胡田: そういう妥協しないプロフェッショナルな姿勢は、密着していただいた当初から感じてました。最初からずっとビデオカメラを持って、気になるしぐさや行動を必ず記録していたでしょう? きっと後で繰り返し確認するんだろうなって。

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL