中学受験 合同説明会には小3前から参加も可能

日経DUAL

中学受験で志望校を決めるときに重要なのが、実際に学校関係者に話を聞く合同説明会。実際に足を運ぶと、大勢の親子が熱心に資料を集め、質問している姿をみることができます。この説明会にはどんなものがあり、いつごろから参加すればいいのでしょうか。

一度にたくさんの学校に出会える合同説明会には、低学年から足を運んで

安田教育研究所代表の安田理さん (撮影:稲垣純也)

共働き中学受験に際し、学校選びの参考となる学校説明会は、いつの時点で行くべきものなのでしょうか?

「一般に中学受験は、小3の2月から始まると言われていますが、それは大手進学塾の中学受験のカリキュラムがスタートするのがその時期だからです。ですが、実は学校選びはそれ以前から始めておくべきものなのです」。そう話すのは、安田教育研究所の安田理さんです。中学受験をはじめ、様々な学校にも詳しい安田さんも、各学校の取り組みを知るための場として、毎年多くの学校の学校説明会に出席していると言います。

学校説明会は、大きく分けると2つあります。一つは複数の学校が一堂に集まって行われる合同説明会、もう一つは各学校で行う学校説明会です。

合同説明会は春から秋にかけて、様々な場所で開催されています。大規模なものでいえば、毎年5月中旬に開催される「東京私立中学合同相談会~Discover私立一貫教育~」、5月末に開催される「ベネッセ進学フェア」などがあります(どちらも会場は東京国際フォーラム)。「東京私立中学合同相談会」には都内の全私立中学校が、「ベネッセ進学フェア」には首都圏の私立中高一貫校が180校参加します。

その他に「キリスト教学校合同フェア」や「カトリック学校フェア」などのキリスト教の学校を集めたもの、「東京私立男子中学校フェスタ」「私立女子中学に触れる会 shisyokukai」などの別学を対象にしたもの、沿線の学校を集めたもの、大手学習塾が主催のものなど、様々な合同説明会があります。合同説明会の年間スケジュールは、各中学受験専門のサイトなどで紹介されているので、こまめにチェックしておくといいですね。

志望校が絞られている場合は、小規模な合同説明会がお薦め

東京国際フォーラムで開催された首都圏の私立学校の合同説明会

合同説明会のメリットは、一度にたくさんの学校を知ることができる点です。そういう意味では、まだ志望校が絞られていないうちに参加するのが好ましいでしょう。一般的には、小学4~5年生のときに参加する家庭が多いようですが、「受験を考えているのなら、低学年のうちから積極的に足を運び、たくさんの学校を見ておくことをお勧めします」と安田さんは言います。

当日は参加人数がとても多く、回れるブース数は限られています。何か質問をしたい場合は、あらかじめ質問内容を用意しておくといいでしょう。各学校の特徴を知るには、同じ質問をしてみて、どんな答えが返ってくるか聞いてみるのも一つの手です。各学校の違いを一度に比べられるというのが良さでもあります。

と言っても、最初のうちはどんな質問をしたらいいか分からないものですよね。例えばこんな質問はいかがでしょうか? 

「生徒全員がクラブ活動をやっていますか?」(一般的な質問)
 「高校生と一緒にできる活動はありますか? 内容を含めて教えてください」(中高一貫校ならではの良さを知る)
 「夏休みに補習講座はありますか?」(面倒見の良さをチェックする)
 「高校に上がったあと、生徒達は予備校に通うようになりますか?」(面倒見の良さをチェックする)など
次のページ
その学校の真の姿を見るための「学校説明会チェックポ