初心者でも成功 「ラズパイロボ」組み立てに挑戦

ITpro

5000円で手に入る超小型コンピューター「Raspberry Pi」(ラズベリーパイ、通称「ラズパイ」)が電子工作世代に静かなブームを巻き起こしている。このラズパイを使って制御できるロボット「ラピロ」の組み立てに、Webデザイナーの古村圭加さんが挑戦した。
写真1 ラズベリーパイでコントロールするロボット「ラピロ」

Raspberry Pi(ラズパイ)を頭脳とし、2足歩行で歩いて手で物もつかめる可愛いロボット「ラピロ」(RAPIRO)をご存じでしょうか。簡単なコマンドを実行するだけで、様々なポーズを取ったりできます(写真1)。

2013年、インターネットで支援金を募るクラウドファンディング「KickStarter」で1000万円を超える資金調達(7万5099ポンド)に成功し、商品化されました。現在はオンラインショップや秋葉原の店舗などで販売されています(販売店のスイッチサイエンスの価格は4万5360円、2014年11月18日時点)。

ラピロは部品から組み立てて作るロボットキットです。部品点数は多く、実は組み立てるだけで4~5時間掛かるのが通常です。「買ってすぐ遊べるおもちゃ」ではありません。

写真2 ラピロの組み立てに挑戦したWebデザイナーの古村圭加さん

そんなラピロを購入してみて「独りで作るのは無理!」と困ってしまったのが、Webデザイナーの古村圭加さん(Sophiro代表取締役)でした。古村さんが参加しているラズパイのコミュニティー「Japanese Raspberry Pi Users Group」に相談したところ、ラズパイを組み立てるイベントを開催して、そこで皆で完成させることになりました(写真2)。

結論から言うと、周りの経験者からたくさんの助言を受けたことで、通常の半分の2時間半で無事完成しました。2014年4月に開催された、そのイベントの様子を報告します。

部品にシール貼り混乱防ぐ

まずは開封の儀です。ラピロの頭と胴の部品が上の方にあります(写真3)。

部品を机の上に並べます(写真4)。右下はサーボモーター、右上はネジなどです。

写真5はラピロのサーボなどを動かす「ラピロ基板」です。人気のマイコンボード「Arduino」の互換品です。Raspberry Pi(別売り)をこのラピロ基板に接続して制御することができます。

[左上]写真3 開封の儀 [右]写真4 部品を机の上に並べた [左下]写真5 ラピロのサーボを動かす「ラピロ基板」

最初に、サーボへシールを貼っていきます(写真6、写真7)。手足首などを動かす12個ものサーボがあり、サーボ本体とコネクターの先にシールを貼っておかないと、後でどれか分からなくなります。

[左]写真6 12個のサーボを取り違えないようにシールを貼る [右]写真7 シールを貼ったサーボ
MONO TRENDY連載記事一覧