エンタメ!

エンタウオッチング

AKB48よりももクロが上 コンサート動員力2014 日経エンタテインメント!

2014/12/4

 日経エンタテインメント!では2014年に開催済みのライブと、年末までのスケジュールが発表済みのライブ(9月下旬時点)の会場収容人数を合計して、2014年中のアーティスト別の年間ライブ動員数を独自データとして算出した。

 各会場のチケットが完売したと仮定しているため、実際の「動員実数」とは異なるものの、公演数・会場の規模からアーティストのライブ動員力を推し量る指標となっている。時代の変化とともに音楽配信やYouTubeなどの出現で、CDのヒットチャートだけでは人気を測ることが難しくなってきている昨今。「ライブにどれだけの数の観客を集めているのか」という視点から、アーティストの真の実力と人気に迫った。

■ジャニーズ、LDH、K-POP…トップ10で存在感を増す3大勢力

 動員数ランキング全体を見ると、近年の流れとして上位陣はドームやアリーナといった大規模会場を主戦場とすることで、動員数を伸ばす傾向が続いている。トップ10ではジャニーズが4組を占め、続いてEXILE TRIBEが所属する事務所LDHから2組、K‐POPグループが2組と続き、この3大勢力の強さを示している。ソロアーティストで唯一ランクインしたのは福山雅治。女性陣の中でトップを飾ったのはももいろクローバーZであった。

1位のEXILE TRIBE。ドーム・アリーナ連発で105万人動員

 1位に輝いたEXILE TRIBEは今回調査したアーティストの中で唯一動員が100万人を超えた。EXILE TRIBEとは、EXILEを中心に三代目 J Soul Brothersなどから構成されている。春のツアーでは、2014年6月にさいたまスーパーアリーナで10日間連続公演を行い、同年末にも東京・大阪・埼玉・福岡・名古屋・札幌で開催されるドーム公演が控える。2014年8月にEXILE TRIBE名義で発売したシングル『THE REVOLUTION』は、初日に31万枚を売り上げるなど、破竹の勢いを続けている。

 2位はSMAP。2013年は大型ツアーが組まれなかったが、2014年は9月から大規模な5大ドームツアーを開催。94万人を集め、2015年分も合わせると100万人を超える。また、2014年のツアーで回るドームの公演数は全19回と、調査したアーティストの中で最多を記録した。全公演においてゲストが中継出演し、歌ってほしい曲をリクエストする新しい試みも実施。北川景子や上戸彩など豪華な面々が登場した。

 3位はBIGBANGの92万人。K‐POPグループの中でトップとなった。年始のドーム公演と、2014年2月に全国4カ所14公演行われたライブイベント、11月より東京・大阪・名古屋・福岡・札幌の5大ドームで行われたツアーで動員数を稼いだ。メンバーのD-LITEも6~7月にかけて、全国のアリーナクラスの会場を回り、41位にランクインしている。

※EXILE TRIBEは複数アーティストから成るが、EXILE TRIBE名義でのCDがあるため、1アーティストとしてカウントした
【調査基準】
・2014年1月1日~12月31日までの、主要アーティストの単独公演をピックアップ。各会場のチケットが完売したと仮定し、弊誌が設定した収容人数を合計して、ライブ総動員数とした。
・上記期間に開かれる有料の国内単独歌唱公演が対象(EXILE TRIBEについては、EXILE TRIBE名義でのCDが発売されているため、対象アーティストとしてカウントした)。複数アーティストが出演するイベントやフェス、握手会、学園祭などは除いた。
・9月下旬時点で公式発表されていない公演は含まない。
・動員数が同数の場合、100人単位で数値を比較した。
・公演数ランキングは公演数が同数の場合、同順位とした。

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL