N
NIKKEI STYLE キャリア
職場の知恵

言葉よりスキンシップ シニア夫婦、再び手をつなぐ

2014/11/17

職場の知恵

パートナーの手を握るシニア夫婦が増えている。結婚当初の夫婦ならともかく、長い夫婦生活を経た男女が手を握り合ったり、ましてや人前にその姿を見せるのは気恥ずかしいはず。そんな夫婦がお互いの手のぬくもりを求める理由とは……。

「きょうも仕事ご苦労さん」と夫は語りかけ、妻の手をぎゅっと握る。「お酒は控えて、体を大事にして」と妻はほほ笑みながら答える。

自宅の庭を手を取り合って散策する谷中登さんと恵子さん(茨城県石岡市)

茨城県石岡市で、有機食材の宅配会社、大地を守る会(千葉市)向けに地鶏を生産する谷中登さん(57)と妻の恵子さん(59)。結婚して30年になるこの夫婦が、「何十年ぶりか思い出せない」(恵子さん)という手を握りあったのは2011年の春。体調がすぐれなかった登さんがC型肝炎と診断された時だ。

入院先は同県土浦市。かすみがうら市内のスーパーでパート勤めの恵子さんは夕方、仕事後に車で病院に直行した。「働いた後、夜遅くまでそばにいてくれる妻に、ありがたみを感じた」という登さん。入院中のある日、妻の手を握って病院内をゆっくり歩きながら、「これからもよろしく頼むな」と伝えたそうだ。

もともとおしどり夫婦だが、夫婦のきずなを確認するにはスキンシップが一番と分かった。今では、恵子さんが仕事を終えて帰宅すると、自宅の庭を手をつないで歩く日々。病気をして体力が落ちたものの、自力で歩行できる。ただ、「妻の手の温かさが身にしみる」と話している。

仲むつまじい姿を写真におさめて、インターネット上に投稿するシニア夫婦もいる。

11月初旬、東京都武蔵野市の井の頭公園。大木哲雄さん(仮名、72)と浩子さん(同、同)は、手をつないで歩く姿の写真を持参したカメラで通りすがりの若者に撮ってもらった。撮影した若者は「大木さんたちは夫婦というよりも仲の良い兄妹という感じ」と、驚きながらも、ほほ笑ましいと感じたようだ。

写真は哲雄さんがフェイスブックにアップするという。「3年前、英国旅行した時に出会った、手を取り合う英国人夫婦が印象的だった。日本のシニアも、欧米流のコミュニケーション術を取り入れた方がいいと思い、自分たちがモデルになって発信している。私たちの姿を記録として残したいという気持ちもある」。哲雄さんはこう話す。

ビジネス書などの書評を紹介
ブックコーナー ビジネス書などの書評はこちら