ネット配信、黒字化の先へ 「放送外」に走るテレビ局日経エンタテインメント!

この2年は続けて増加したものの、以前の高水準までは戻らないテレビ広告費。その間、各局は映画やイベントなど「放送外収入」の確保にますます力を入れている。最近、特に積極的な動きが目立つのが、定額制および無料の「動画配信サービス」と「ベンチャーキャピタル」。どんなビジネス展開を描くのか。戦略を探った。

テレビ広告費は2012年度、2013年度と2年連続で増加。2014年度第1四半期も在京キー局5局はいずれも前年を上回り、好調さを維持している。だが、2兆円を超えていた2006年度以前の水準には至らない(図1)。この間、各局が強化してきたのが、広告以外の「放送外収入」だ。フジテレビを例にとると、この比率は徐々に上がり2013年で4分の1強となる(図2)。

図1 テレビ広告費は06年に2兆円割れ。電通調べの「日本の広告費」によれば、2013年の地上波テレビの広告費は1兆7913億円。2年連続の増加だが、2兆円を超えていた06年の水準には及ばない
図2 放送外収入の強化を図る民放テレビ各局。2013年度、フジテレビ単体の決算データから作成。相変わらずタイム&スポット広告の放送収入が主力ではあるものの、イベント、映画、デジタルなどその他事業の割合は徐々に上昇傾向

例えば映画事業。2013年の邦画実写作品の興行収入は、『真夏の方程式』(33.1億円)など、フジが製作に関わった作品が上位3作を独占した。フジのお台場新大陸、日本テレビの汐博など、テレビ局の夏休みイベントはすっかり定着。海外への番組販売では、米国で『ドラえもん』(テレビ朝日)の放送が始まり、大きな話題となった。

多様化する放送外事業で、近年、各局とも力を入れるのがネットを使った動画配信だ。これまでは1作ごとに視聴料金を払う都度課金が中心だったが、この1~2年ほどで黒字化を果たす局が増加。次のサービスとして、「定額制」や「広告付き無料」配信を模索する動きが活発化している。

日本民間放送連盟の井上弘会長(TBSホールディングス会長)は、2014年9月18日の定例会見で、在京キー局5局共同で、無料の見逃し配信サービスを来年度にも試験的に始める方向で検討していることを明らかにした。

都度課金、定額制に加え広告付き無料動画も視野に

いち早く定額制に舵(かじ)を切ったのが日本テレビだ。米国大手Hulu(フール―)の日本事業を買収し、2014年4月から運営している。映画や海外ドラマなど、約1万5000本ある作品が月額933円(税別)で見放題。すでに都度課金型の日テレオンデマンドを運営していたが、いずれ定額制サービスの時代が来ると模索していたときに出合ったのがHuluだった。「YouTubeやiTunesなど、ネットでは様々なプラットフォームをほとんど外資が握っている。日テレブランドではないHuluなら、この分野のプラットフォームになりうると考えた」(日本テレビインターネット事業局長でHulu日本法人会長の於保浩之氏)。実際に、今はNHK、TBS、テレビ東京などが番組を提供している。

当面はこの定額制と都度課金サービスを並立させながら、広告付き無料配信の可能性も探っていく。

多角的な展開をするのはフジテレビ。地上波のドラマやバラエティーなどを放送後1週間以内に提供する見逃し配信、厳選した作品のアーカイブ配信を柱にしたフジテレビオンデマンドは、2010年度から黒字化を達成している。次のキーワードは「スマホ」と「無料」だ。

有料サービスではCS放送のフジテレビNEXTライブ・プレミアムをインターネット経由で同時配信、スマートフォン(スマホ)などで楽しめる「フジテレビNEXTsmart」をスタート。衛星と同じ月額1200円(税別)で視聴できる。

無料の動画配信では、オリジナル作品に力を入れる。まず、10分程度の作品を提供する「フジテレビ+(プラス)」を2014年1月に開設。大久保佳代子司会の対談番組や鶴田真由主演ドラマなどを配信している。

2014年7月には食と旅をテーマにした数分の動画をYouTubeを通じて毎日配信する「ビデリシャス」を立ち上げた。専門性に特化した短い動画で、スマホ世代の若者層をターゲットにしている。「現在、フジテレビオンデマンドではスマートフォンでの視聴がパソコンの2倍以上になった。そうしたニーズに応えるサービスが必要」と、フジテレビコンテンツ事業センター室長の冨川八峰氏は話す。

もうひとつ、複数の局で相次ぐ動きにベンチャーキャピタルへの参入がある。2013年1月、フジテレビを傘下に持つフジ・メディア・ホールディングスは投資会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズを設立。既に、IT(情報技術)系企業を中心に12社に投資をしている。2013年8月にはTBSイノベーション・パートナーズが立ち上がり、同年9月にはスタートアップ企業を支援するcreww(クルー)へ日本テレビが1.2億円を出資、と続いた。

各局は動画配信とベンチャーキャピタルによって、どんなビジネスを描いているのか。フジテレビと日本テレビの例を見ていこう。

エンタメ!連載記事一覧