新「洗濯表示」読めますか? 戸惑わない攻略法編集委員 小林明

イラストが何の記号かお分かりだろうか? 駐車場? それとも交通標識?

実はいずれも今年10月20日に新たに日本工業規格(JIS)として制定されたばかりの「洗濯表示」である。つまり、洗濯、漂白、乾燥、アイロン、クリーニングなどの仕方や注意事項を示す記号なのだ。

意味は、左上が「ドライクリーニング可」、右上が「酸素系漂白可」、左下が「日陰でつり干し」、右下が「乾燥機可(高温)」――。おそらく予備知識がないと、記号がそれぞれ何を意味するのか推測するのは難しいだろう。

新表示は2016年末ごろから登場

衣類などのラベルに印刷されるこれらの新「洗濯表示」は早ければ2016年末ごろ(17年春夏物)から順次登場し、一定の併用期間を経た後、全面的に刷新される見通しだ。これに伴い、1968年からずっと使われてきた現行の日本独自の洗濯表示は歴史的な役割を終えることになる。

洗濯表示は日常生活に欠かせない基礎知識。だが、こうした新表示の意味を理解するにはちょっとした“学習”が必要になる。何だか面倒臭そうに感じるかもしれないが、基本ルールさえ覚えておけば理解するのはそれほど難しくない。

そこで今回は新「洗濯表示」の読み方の攻略法を解説しよう。

ISOの規格をJISに採用

そもそも世界の「洗濯表示」は日本独自のJIS、欧州を中心に普及した国際標準化機構(ISO)の規格、米国独自のASTMの「三大勢力」に分かれていた。各地域の気候風土や文化に根ざした洗濯の方法が異なるうえ、規格の標準化を巡る政治的な思惑も足かせになっていたためだ。

だが1995年に世界貿易機関(WTO)加盟国に国内規格を国際規格に合わせるように求める協定(WTO/TBT協定)が発効したことから規格を標準化しようという機運が高まり、長い交渉の末、ようやくJISとISOの整合性が図られることになった。

ちなみにISOとASTMの記号は似通っており互いに類推することが可能。そのため、形状や分類がかなり異なるJISとISOをどう統合するかが大きな懸案事項になっていたのだ。

エンタメ!連載記事一覧