いつものキットカットと違う 高級感を楽しむ

日経デザイン

日々激しい競争にさらされて進化を続ける、デパートや人気商業施設の食品売り場。こうした激戦区で生き残り、人気を博すブランドのパッケージは何が違うのか。デパ地下の人気・売れ筋パッケージをチェックし、人気の裏に隠されたデザインの工夫をお伝えします。

2014年、開店60周年を迎えた大丸東京店。食品を扱うエリアを「ほっぺタウン」と名付け、和・洋菓子店は1階と地下1階の2フロアで展開している。今週は、「キットカット」の専門店「キットカット ショコラトリー」と洋菓子ブランド「キース・マンハッタン」のパッケージデザインを紹介する。大胆に商品写真を使ったパッケージデザインに注目した。

●キットカット ショコラトリー「キットカット ショコラトリー スペシャル」
それぞれ4個入りで各432円(消費税込み、以下同)

「キットカット ショコラトリー」は、2003年以来「キットカット」の開発に携わる、ル パティシエ タカギのオーナーシェフ、高木康政氏が監修するキットカットの専門店だ。

パッケージ側面

2014年1月にオープンした西武池袋店に続いて、大丸東京店には2014年7月に出店。休日は行列ができるほどの人気店だ。「キットカット ショコラトリー スペシャル」は、市販品と同様に赤を基調にしたパッケージ。光沢感のある箱に商品名を金色であしらい、商品写真を配した。裏面の詳細情報以外は英語表記のみ。シンプルながら高級感がある。

パッケージ側面には、チョコレートに練り込んだ素材の写真を入れた。左から「キットカット ショコラトリー スペシャル チリ」、「キットカット ショコラトリー スペシャル オレンジカクテル」、「キットカット ショコラトリー スペシャル ストロベリーメープル」。各パッケージには、個包装が4個ずつ入っている。

個包装は、横9センチ×縦4センチ

個包装も外箱と同様に、英語のみの表記。上から「キットカット ショコラトリー スペシャル ストロベリーメープル」、「キットカット ショコラトリー スペシャル チリ」、「キットカット ショコラトリー スペシャル オレンジカクテル」。

注目記事