体幹使ったウオーキング 基本は「骨盤の前傾」から金哲彦

日経Gooday(グッデイ) カラダにいいこと、毎日プラス

今回は、かっこよく見える歩き方、すなわち“体幹を使ったウオーキング”を紹介したい。そもそも、かっこよく見える理想のウオーキングとはどのようなものだろうか。

金さんによると、3つのポイントがあるという(写真1)。1つ目は「腕の振り方」だ。ウオーキングの時に、腕を大きく前に振る人がいるが、「体幹ウオーキング」では、腕は後ろに引くことが鉄則。その際、腕を動かすだけでなく、肩甲骨をしっかり動かすように意識することが大事だという。写真1―(3)参照。

写真1◎ 体幹を使った理想の歩き方 基本は、腕を後ろに引く際に肩甲骨をしっかり動かし(3)、片足が着地すると同時に、その足側の骨盤が前方に出るように意識しながら、体重を移動すること(4)。常に体の中心軸が少し前傾するよう心掛ける

2つ目は「体重移動」だ。片足が着地すると同時に、その片足の側の骨盤が素早く前方に出るように意識しよう。写真1―(3)→(4)参照。スムーズに体重が移動すれば、ムダのない歩き方になる。

3つ目は「体の軸」だ。頭のてっぺんから足の裏まで1本の軸が通っているようにイメージしてみよう。その軸をほんの少しだけ前傾になるよう意識する。写真1―(5)参照。すると、着地時の衝撃を体幹で受け止めやすく、体がスムーズに前方へ移動できる。効率的に体重移動できれば、余計な部位に力が入らないため、長時間歩いても疲れにくくなるのだ。

「これらの3つのポイントをふまえた歩き方と、自分の現状の歩き方を比較してみましょう。その違いを修正していくのが、『体幹ウオーキング』をマスターする近道です」と金さんはアドバイスする。

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント