「こうありたい」自分像はどこから輸入したんだっけ?

――どんな人も自分が考える以上に、そういった“イメージ”に縛られていることはあるかもしれないですね。

意識、無意識にかかわらずありますよ。おなかに手を当ててほほ笑んでいるお母さんの絵とか、何気ないCMとか、それまで読んだり見たりしてきたもので“お母さん的な物語”は自然と刷り込まれてると思います。妊娠や出産は、幸せそのものなんだと。でもそういったものは全部イメージで、誰かが作ってきた物語であって。それをいいと思って乗っかるのは自由だけど、そうじゃないこともあると忘れないでいることがすごく大事だと、私は自分の経験を通しても思います。

これって、出産・育児に限ったことではなくて、働いている自分、夫婦間における妻とかいろんなことに応用できる。「自分はこうありたい」「こうでなきゃ」って思い込んでいるけれど、それってどこから輸入したんだっけ? と立ち止まって考えてみることは大事ですよね。なりたい自分像に、実は根拠がないことは多いと思うんです。「〇〇しなければいけない」としんどくなったときに、1回自分にツッコミを入れる癖をつけるとちょっと楽になるかもしれません。

私はおむつ替えのときの「ありがとう」「ごめんね」に対して、あべちゃんはそう思わないと聞いてから、言わないと決めたんです。あべちゃんの意見が正しいと思ったのね。だって、二人の赤ちゃんだし、母親のイメージを刷り込まれていただけだったから。そうしたらすごく楽になった。言葉の力ってある。母親だからやらなきゃというプレッシャーと自主規制を、一個一個減らしていってからすごく余裕ができました。

――最後に、女性の人生の選択肢が増えたなかで今の人生を選ばれた川上さんから、会場にいる女性たちへメッセージをお願いします。

人生の選択肢が多いのは絶対にいいこと。だから、フェミニズムの本でもいいしブログでもなんでもいいんだけど、いろんな立場の女の人や、女性の問題を自分自身や社会の問題として受け止めている男性の書いたものを読むことをおすすめします。自分にはこの生き方しかない、これしかないんだというのは、思い込みである場合も多いです。いろんな考えに触れることによって、自分を相対化できるし角度をつけることができる。

あんな考え方もできる、こうも考えられると、新しいものの見方を知ったときの感激ってあるじゃないですか。バラエティーをとにかく増やしてほしい。増やしたうえで、選ぶか選ばないかはその次でいいと思います。「可能性を広げよう」というポジティブな方向でなくても、苦しさ、寂しさ、生きにくさってものを解消していくためにも有効。実際、私がそうでした。選択肢を増やして、なんとかがんばりましょう。

(ライター・構成 平山ゆりの)

[日経DUAL2014年10月31日付けの掲載記事を基に再構成]