ばな奈・たまご…東京土産 定番の持つ強み

日経デザイン

日々激しい競争にさらされて進化を続ける、デパートや人気商業施設の食品売り場。こうした激戦区で生き残り、人気を博すブランドは何が違うのか。デパ地下の人気・売れ筋パッケージをチェックし、人気の裏に隠されたデザインの工夫をお伝えします。

2014年、開業60周年を迎えた大丸東京店。食品を扱うエリアを「ほっぺタウン」と名付け、和・洋菓子は1階と地下1階の2フロアで展開している。東京駅と直結しているため、空港や鉄道の売店で見かける東京土産として有名なブランドが多い。注目したのは、1階と地下1階に2店舗出店している「東京ばな奈」。品揃えが豊富で、どの商品もイラストを使ったパッケージデザインで統一しているのが特徴だ。

●東京ばな奈「東京チョコばな奈 見ぃつけたっ」1080円(消費税込み、以下同)

1992年に羽田空港で発売を開始した「東京ばな奈」。意外にも百貨店への出店は大丸東京店のみだ。東京土産として定着したバナナカスタードクリームを包んだ定番のスポンジケーキのほかに、パイやクッキー、バウムクーヘンなどラインアップが豊富だ。写真はバナナクリーム入りのチョコレート「東京チョコばな奈 見ぃつけたっ」。ブランドの象徴でもあるリボンを付けたバナナのイラストを多数描いた。

蓋を開けたところ。個包装も外箱と同じバナナのイラストで統一。外箱のサイズは、横26.5センチ×縦13センチ×厚さ2センチ。個包装の中は銀紙で包んだチョコレートが1本入っている。


●東京ばな奈「生しっとりクーヘン」1183円

大丸東京店では、生菓子タイプの商品も販売している。写真はバウムクーヘンのパッケージ。リボンを付けたバナナのイラストに合わせて、バウムクーヘンもイラストで描いた。蓋を開けたところ。直径15センチほどのバウムクーヘンが1つ入っている。


東京ばな奈 大丸東京店
東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京店1階・地下1階
営業時間:10時~21時(土・日・祝10時~20時)
http://www.tokyobanana.jp
注目記事