15万冊に囲まれてゴロゴロ…書店で一夜物語

ジュンク堂に住んでみたい――。ツイッターでの顧客のそんなつぶやきが現実になった。1日夕方から2日朝にかけて、ジュンク堂書店プレスセンター店(東京・千代田)に読書好きの6人が宿泊した。参加条件は、ジュンク堂から“転出”する際に1冊以上書籍を購入すること。滞在中、本を読むのはもちろん、食事や睡眠も可能だ。参加した会社員コンビ、兵庫県の河野千晶さん(25)と山口県の小島知子さん(25)の本に囲まれた15時間を追った。

「ジュンク堂に住んでみる」には5600人が応募し、抽選で参加者を決めた(東京都千代田区のジュンク堂書店プレスセンター店)

「ジュンク堂に住んでみる」モニターツアーには、2800組5600人の応募があり抽選となった。同店店長で丸善&ジュンク堂ネットストア運営のHONの工藤淳也社長は「雑誌や本がスマホに負けてしまうのがもどかしい。棚をぼーっと眺めていると考えが浮かんだり、本屋という空間の楽しみ方をもう一度見直してもらいたい」と、顧客のつぶやきに応え開催した。

11月1日午後5時

お泊まりスタート。同店は約400平方メートルとジュンク堂にしては小型だが、取り扱う本の数は15万冊。これがほぼすべて読み放題になる。

大学の友人の河野さんと小島さんは、当時から本を紹介し合う読書好きで、ネットで企画を知り応募した。月に10冊読むという河野さんが好きなのは小説で、辻村深月さんを愛読する。一方の小島さんは小説やビジネス書を中心に月に3~4冊読む。江國香織さんが好きな作家だ。

「夜の本屋はめったに入れない。寝転んで本が読めるのもいいなと思った」(河野さん)。「いつも本屋では時間や人を気にしてしまうけれどじっくり読めそう」(小島さん)と参加を決めた。

午後6時すぎ

支給されたキングジムの「着る布団&エアーマット」を準備。着たまま動ける寝袋風の布団と下に敷くマットで、ポンプを使ってマットに空気を入れるが「ふー、結構ハード」。息を切らす。

完成したマットを折って本棚にたてかけると椅子のようになり、好きな場所で床に座って読書ができる。持参のスリッパや膝掛けも活用し、くつろいで読書できる環境が整った。いざ読書。

午後8時

「いつも読まないような哲学の本を読んでいた」。そんな話をしながら出かけたのはコンビニだ。「せっかくだから普段やったら怒られることをやろう」(河野さん)と、夕食は店内に持ち込んで食べることにした。

おにぎりなどを購入した足で次に向かったのは同店から歩いて15分の東京・銀座の銭湯「金春湯」。高級クラブの集まるエリアの雰囲気に「すごい、東京っぽい……」と少々不安がよぎる。

が、「きれいで気持ちよかった。おばあちゃんの番頭さんで雰囲気のあるお風呂屋さんでした」

次のページ
午後10時
MONO TRENDY連載記事一覧