暴発した鬱憤、電車内のケンカの代償は

裁判記録をとじた厚いファイルを開き、埋もれた事案に目を向けてみれば、当事者たちの人生や複雑な現代社会の断片が浮かび上がってくる。裁判担当記者の心のアンテナに触れた無名の物語を伝える。

ままならない暮らしの憂さと疲れを酒で紛らわせた帰り道。電車内の混雑にイライラすることは誰しもあるだろう。売り言葉に買い言葉。酔った勢いで他の乗客と口論になることもあるかもしれない。しかし、相手に暴力を振るい、けがまでさせてしまえば大きな代償を支払うことになる。

10月にしては暑い日の夜のことだった。午後11時すぎの地下鉄車内は帰宅を急ぐ会社員らで混み合い、乗客の息に混じるアルコールのにおいが漂っていた。

仕事帰りのメーカー社員の男性は、片手にかばんを持って立ち、もう片方の手で新聞を読んでいた。駅を過ぎた電車が大きく揺れたとき、男性は後ろから肘で押されてバランスを崩す。数歩ふらついて振り向くと、後ろに立っていた50歳代の男がにらみながら言った。「何か文句あるのか。降りて話をするか」。顔は赤く、明らかに酒臭かった。

男性の顔面に頭突き4回

男性は「何かおっしゃりたいことがあるなら降りてお話ししましょう」と応じたが、次の駅に着いても男は降りるそぶりを見せなかった。「なんだ口だけか」とつぶやいた次の瞬間、男は続けざまに4回、男性の顔面に強く頭突きを浴びせてきた。一方的な暴行に男性の唇は切れ、右目付近が青く腫れ上がった。

相手の男は頭突きの後に逃走を図ったが、男性や周りの乗客らに取り押さえられ、駅員が呼んだ警察官に逮捕された。男性は右目の眼底骨折などで治療に1年かかる重傷。男は傷害罪で起訴され、懲役2年、執行猶予4年の有罪判決が確定した。

男性は男側から150万円の慰謝料を受け取ったが、残りの慰謝料額を巡る示談がまとまらず、民事訴訟を起こした。けがの後遺症でパソコンの図面が二重に見えるようになり、電子機器設計のエンジニアの業務に支障が出ているとして、治療費や後遺症に伴う逸失利益など約1300万円の損害賠償を請求した。