電子工作世代にブーム 超小型PC「ラズベリーパイ」

ラズベリーパイと周辺機器を用意したら、OSをインストールして使えるようにしてみよう。初めに、マイクロSDメモリーカードにOSインストールツール「NOOBS」をコピーする(図6)。このマイクロSDカードをラズベリーパイに挿し、各種周辺機器をつないだら電源を入れる(図7)。すると、NOOBSが自動起動してOSの選択画面になる。

[左]図6 FAT32でフォーマットしたマイクロSDメモリーカードに、インストールツールの「NOOBS」をコピーしておく。NOOBSは下記ウェブサイトからダウンロードする [右]図7 NOOBSをコピーしたマイクロSDカードをラズベリーパイに挿す。キーボードやディスプレーを接続したら、USBケーブルをつないで電源を入れよう。電源スイッチはなく、ケーブルをつなげば起動する

OSには「Raspbian(ラズビアン)」を選ぼう(図8)。ラズビアンはリナックスベースのOSで、ラズベリーパイに適したアプリケーションソフトを搭載している。インストールはほとんど自動で進む(図9)。

[上、中央]図8 マイクロSDカードのOSインストールツールが起動する。「Language」に「日本語」を選ぶ(1)。OSのリストから「Raspbian」を選択し、「Install」アイコンをクリックする(2)(3) [下]図9 OSのインストールには十数分から数十分かかる。インストール完了後に表示されるダイアログで「OK」をクリックすると再起動する
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
大人も子供も楽しめる
MONO TRENDY連載記事一覧