マネー研究所

マネー達人への道

ずぼらでもOK 残高家計簿で貯蓄体質に 第18回 残高家計簿

2014/10/30

マネー達人の公認会計士・税理士の山田真哉さんにマネートピックについて聞くコラム。今回のテーマは「ずぼらな人でも続けられる家計簿」です。いまは便利なスマホ用家計簿アプリも普及していますが、それでさえ、継続して使うのはおっくうという人もいるのでは。そんな人は、ぜひ、山田さんが推奨する「残高家計簿」を試してみてください。

■従来型家計簿を継続するのは大変

――家計簿は日記と同じ、よしっ!と意気込んで始めてみるのですが、三日坊主どころか2回ぐらいしか開かなかった家計簿があります。

「日々のこまごました支出を記録していく従来型の家計簿はかなりハードルが高いツールなんですよ。まず、毎日つけなければいけないし、収入も支出も記入漏れがあると金額が合わなくなっていきます。紙の家計簿だと集計が大変なうえ、毎日、支出ばかり書いていると気分が暗くなりませんか? 記入すること自体が目的になってしまって、大局がわかりづらくなってしまうんですよね」

――大局とはどういう意味ですか。

「家計簿をつける目的はなんでしょう。支出の詳細を把握したいというのもあるかもしれませんが、さらにその先の目的は、毎月の家計の収支がプラスになるようにし、貯蓄体質をつくることです。それさえできるなら、極端な話、細かい支出の内訳は知る必要がないともいえるわけです」

■家計簿アプリもちょっとおっくう?

――なるほど。私は使ったことがないのですが、スマホ用の家計簿アプリなら銀行やクレジットカードの取引は自動的に記録されるそうなので、簡単に家計管理できそうですが。

「僕も家計簿アプリをスマホに入れています。ただ、無料版を使っているので、過去1カ月分の入出金や残高しか見られません。それと、アプリが自動で判別できない入金や出金は『未分類』に仕分けられるので、自分で費目を入力し直さないといけません。このような便利なツールでさえ、手間だと思ってしまう人はいます。割とマメな僕ですら、あまりちゃんと入力していませんから」

――そこで山田さんが提唱するのが「残高家計簿」なんですね。

「残高家計簿とは、とりあえず、銀行口座などの残高だけを記録して、その推移をチェックするというものです。決算書でいうと、損益計算書ではなく貸借対照表を重視する管理方法です。例えば、9月2日の銀行や証券の残高が181万4000円、10月4日の残高が183万8000円、11月2日の残高が171万1000円だったとします。9月2日から10月4日の間は収入が支出を上回ったということなので、これはOK。ところが、11月2日の残高は10月4日を下回っているので、支出が収入よりも多かったことを意味します。これはNGです」

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL