WOMAN SMART

キャリア

女性記者の婚活記 めげずにサービス続けるべきか…

2014/11/2

 日本経済新聞が9月下旬に行った調査では、20~40代の働く未婚の男女で、実際に婚活サービスを利用している人は1割だった。婚活という言葉は一般的になったといえ、まだまだとまどいを感じる人は多い。使い勝手はどうなのか。働く女性の1人として、実際に8月下旬から利用中の記者が正直な内幕をつづる。

 31歳、東京都在住、マスコミ系――。

 これが、ある結婚相談所の会員向けネット上で表示される、記者のプロフィルだ。「性格は良くも悪くもおおらか」「海外旅行が好き」といった自己紹介文が続き、詳しく見れば、喫煙や宗教の有無、両親や兄弟の職業や最終学歴まで分かるようになっている。だが、肝心なのは写真だ。

様々な条件をクリアして、お見合いまではこぎつけるものの……

 相談所の利点は、結婚を希望する男女が効率的に出会えること。ただ、1万人以上もいる相手候補全てと会うのは不可能だし、プロフィルを一つ一つ丁寧に見ていくのも難しい。写真や年収、年齢といった、一覧画面に表示される分かりやすい指標をクリアして、初めて詳細な紹介に目を通すことになる。その上で相手とお見合いをするかどうか。会うまでが大変なのだ。

 日経の調査では、結婚相手に求める条件(複数回答)として男女ともにトップになったのは「性格や人柄」だが、女性は2位が「収入」。男性側は「容姿」「年齢」と続いた。人柄が大切なのは当たり前として、実際に問われるのは2位以下の条件だろう。

 記者の場合、残念ながら容姿でアピールできるものは多くない。写真は相談所が契約しているスタジオでプロに撮ってもらっただけあってだいぶ良く写っているが、ものには限度がある。

 年齢については「若いから喜ばれますよ」というのが相談所の評価だ。婚活サービスを利用している女性は30代が最も多く、40代が続く。男性は40代が中心なので、30代になりたてというのは若い部類だろう。相談所によると、男性が若い女性を好むのは「子供が欲しい」という理由もあるらしい。実際、条件設定をして検索をかけると、7割以上の男性が子供を欲しがっていることが分かる。

 一方、男性のプロフィルでは重要になる年収や、詳しい職業は相談所との相談の結果、書かなかった。男性の年収は原則公開だが、女性は任意。職業も「引かれてしまうかもしれないから、入れない方が良いですね」とのこと。

 さて、こうした自身の条件で約2カ月「戦った」結果はこうだ。こちらからのお見合い申し込み23件に対して、OKの返事をもらったのは3件。先方から申し込まれたお見合いは5件だ。こちらから断ることはしないので、計8件がお見合い成立件数になる。まともに考えればめげそうになる勝率だ。婚活は途中でやめてしまう人は、このあたりに理由があるかもしれない。

【関連キーワード】

日本経済新聞結婚相談所婚活

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL