一週間でマイナス思考を直す習慣術「自尊心」養成講座

日経ウーマンオンライン

私たちは、一日のほとんどの時間、脳を使って「思考」を行っています。そして、それらの思考のほとんどは、無意識に行われており、一度クセがついてしまうと、ずっとその思考パターンを持続するという性質を持っています。そのため、ずっとマイナス思考のまま、マイナスの考え方のまま生きてしまっていると、意識的に直さない限り、気付かないうちにその思考にふさわしい苦しい現実を引き寄せてしまうことが多いんですね。今回は、マイナスの思いクセを直して、人生を幸せに変えていくための習慣術についてお伝えしていきたいと思います。

我慢クセ・修行クセをやめる

たとえば、つい「私が我慢すればすべて丸く収まるんだ」と考えてしまったり、「頑張って達成することが良いことだ」と思い込んでしまっていたり……。

こうして我慢することや修行することが当然になってしまうと、いつもいつも楽しいことや楽な生き方をすることに許可を出せず、犠牲的な人生を送ることになってしまいます。

このパターンのクセはとてもやっかいです。自分自身が、自分を楽にすることを許可していないにもかかわらず、まるで周囲から強制されて我慢させられているように感じてしまい、「どうして私だけ不幸なの?」というように被害者意識も同時に育ってしまうんですね。

こうした場合は、修行・我慢クセを持つ人特有の「苦しい感情を感じることを手放すこと」をはじめてみましょう。

ぐっとこらえたり、苦しい気持ちが持続していることに気づいたら、「あ、また自分に何かを我慢させている」「また修行しなければと思っている」というように、自分から犠牲を手放すようにしてみます。

そして、あえて自分自身をリラックスさせてあげたり、他人に助けてもらって楽になったりと、「自分を心地よく感じさせられること」を意識して、具体的に行動してみてください。

自分自身が持っている感情のクセに気づいて対処するように心がけると、それだけで人生のパターンが変わっていきます。行動を変えるには、まずは感情のパターンに気づくことからはじめてみてくださいね。

自分だけの責任にするクセをやめる

責任感の強い人ほど、「私がなんとかしなきゃ」「はじめたのだから、一人でやり遂げないと……」というように、必要以上の責任感を背負ってしまうことがあります。

また、相手が不機嫌だったり、不適切な態度をしたときには、「私が悪いんじゃないか」と思って自分を責めてしまうこともあります。

こうして、目の前のことをなんでも「自分だけの責任にする」ということをしていると、「相手には相手の責任がある」「協力し合う」という可能性を最初から阻害してしまうことになります。

そして、本来ならば、責任を感じないでもいいことや、周囲の人と一緒に解決すべきことができなくなり、結果、苦しい生き方になってしまいがちです。こういった場合は、意識して「一人で背負わない」ということを心がけてみてください。

注目記事
次のページ
嫌な人、嫌なことへのフォーカスをやめる