マネー研究所

わたしの投資論

株と音楽、仕組みは同じ(サンプラザ中野くん)

2014/10/30

 ミュージシャンのサンプラザ中野くんは、個人投資家として15年近い投資経験を持つ。取り組んできたのは主に株式投資と外国為替証拠金(FX)取引だが、その戦歴は苦戦の連続だったという。

■NISAの上限が投資家を守る

 今年から始まった少額投資非課税制度(NISA)の対象は、元本年100万円までです。100万円じゃ少ないという声も多いようですけど、それは負けてない人、過去を悔いてない人のご意見です。私はすごくいいと思いますね。

サンプラザ中野くん(さんぷらざ・なかのくん) 1960年、山梨県出身。82年、ロックバンド・爆風スランプのボーカルとしてデビュー。88年、「Runner」で紅白歌合戦出場。芸名に「くん」を加えたのは2画増やすとよいとアドバイスを受けたため

 100万円という設定は、投資家を守る安全弁になります。投資を始めるハードルを下げるだけじゃなくて、100万円という新しいハードルを作ってあげることで、際限なくお金をつぎこんでしまうのに歯止めがかかるわけです。銀行だって、お金を貸すときには「あなたの収入だとこれ以上は貸せないなー」って言いますよね。それと同じで、分不相応にお金を使わないようにするのはすごく大事なことです。私もいま始めるなら、絶対NISAで元本小さめでいきます。どうして15年前につくってくれなかったのか……。

 私が投資を始めたきっかけは、とある友人の誘いでした。雑誌で株取引の連載をしないかと持ちかけられたんです。未経験の私が一からやって、その様子を書くわけです。ところがいざ連載を始めてみると、やり方を手取り足取り教えてくれるはずが、口座を開いたあとは割とほったらかし。しばらくはバーチャル取引をやっていましたが、先方から「それじゃ面白くない」と言われて、仕方なく自腹で50万円出して株取引を始めることになりました。

 初めて買った株は、急に株価が上がりました。俺はもしかしたら天才かもしれないと思ったんですが、とんでもない勘違いでした。というのも、もともと非常に取引の少ない銘柄に成り行き(値段を指定しない)注文を出していて、そのうえ桁を間違えて10倍の株を発注していたんです。値上がりしたのは天才だからでも何でもなくて、ただ単に株価が動くほど買ってしまっただけでした。

 慌てて売ろうとしましたが、よく分からずまた成り行きで売ってしまって、今度はがくんと値下がりです。なかったことにするどころか、それだけで何十万円も損してしまいました。おまけに、50万円で始めるはずが10倍の発注をしたせいで「お金を入れてくれ」と言われて、まさに踏んだり蹴ったりのスタートでした。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL