ハリウッドの高額ギャラ女優 共通項は「強い女」日経エンタテインメント!

今、最も稼いでいる女優と報じられたハリウッド女優のトップ2と言えば、サンドラ・ブロックとジェニファー・ローレンス。実はこの2人、共通点が多い。様々な困難に打ち勝つ役で女性の共感を得て、アカデミー賞を獲得。男社会で頑張る女性の姿が人気の秘訣だ。

米経済誌フォーブスが発表した「最も稼いだ女優2014」によると、5100万ドル(約52億円)でサンドラ・ブロックが1位、2位は、3400万ドル(約34億円)でジェニファー・ローレンスだった。この2人の高ギャラハリウッド女優、ギャラが高騰している以外にも、実は共通点が多い。

まず、2人はともに、アカデミー主演女優賞を受賞した経験を持ち、サンドラは2010年に、TIME誌恒例の企画「世界で最も影響力のある100人」に選抜。13年にはジェニファーも同100人に選ばれている。

また、彼女たちが代表作で演じてきたキャラクターも「男勝り」な性格の役柄という点で似ている。サンドラの場合、出世作の『スピード』(1994年)では、教習所に通って大型バスの運転免許を取得。爆弾が仕掛けられたバスに偶然乗り合わせてしまい、高速を維持して運転するはめになった学生“ワイルドキャット姉ちゃん”を演じた。また、『しあわせの隠れ場所』では養子の息子を最後まで守る強い母の役を演じ、アカデミー賞主演女優賞に。『デンジャラス・ビューティー』では男勝りな刑事役、そして、『ゼロ・グラビティ』では、宇宙での孤独と戦う強い科学者を演じている。

エンタメ!連載記事一覧