女性同士のモヤモヤ…「マウンティング」8つの対処法格付けし合う女性達(3)

日経ウーマン

会話中、相手の地雷を踏み、笑顔で攻撃し合う──。上から目線の発言や過剰な幸せアピールに、イラッとしたりモヤモヤしたり。3回に渡って女性同士の違和感を代表する「マウンティング」を考えてきました。今回は、マウンティングを受けたときのとっさの対処法をご紹介します。
“自分のほうが幸せ”とアピールする女性同士の人間関係にモヤッとしたら…

他愛もない女性同士の会話で、ふと感じるつかみどころのない“違和感のある物言い”にモヤモヤ……。会話を楽しみたいのに、なぜか心が疲れる。そんな経験を持つ人も少なくないのでは?

「もしかしたら、その正体はマウンティングかもしれません」。実際にマウンティングに接したらどうすればいいのか?

次の8つの対処法を参考に、自分にとってストレスの少ない方法で、上手に相手をかわしていきましょう。

「マウンティング」って何?
本来は、犬などの動物が自らの優位性を示すために、相手に馬乗りになる行為を指す。その様子が“自分のほうが幸せ”とアピールする女性間の人間関係に似ていると、漫画家の瀧波ユカリさんが表現。いじめなどの明らかな対立と異なり、ふとした言葉や態度がきっかけとなって、関係を壊さない程度に見栄を張り合う。沢尻エリカ主演のドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)で話題に。

マウンティングに接したら試したい、8つの対処法

(1)迷いのある発言はせず、スローテンポの会話を

ノリ突っ込みの要領でテンポよく話していると、無意識にマウンティングの火種をつくってしまうことも。スローテンポの会話で言葉を吟味し、少しでも迷いのある発言はしないこと。

(2)明らかなマウンティングには無関心を装う

“羨ましがらせたい”という気持ちがマウンティングを生む。相手の発言に乗らず、関心を示さないようにすれば、相手のマウンティング欲が薄れて、ターゲットから外れやすい。

(3)タイムを取る

マウンティングを感じたら、トイレに行くなどクールダウンするためのタイムを取って、心を落ち着かせて状況を整理。できれば「その言い方は傷つくなあ~」などと言い返せればベスト。

(4)認められたいという気持ちを捨てる

相手に認められたいという気持ちが強いと、つい張り合ってしまいがちに。“褒められたい”“スゴイと思われたい”気持ちが出たら、“私は偉い”と、心のなかで自分を褒めて認めてあげて。