マネー研究所

保険の新常識

がん保険料「半額」でも割高 試算でみる負担感 保険コンサルタント 後田亨

2014/10/13

米アメリカンファミリー生命保険(アフラック)が10月から、郵便局専用のがん保険の販売を始めました。がんと診断されたときの給付金は一般代理店向けと同じ100万円ですが、入院・通院給付金などを低く設定。手術・放射線治療給付金もなくしたことで保険料を半額程度にしています。しかし私はそれでも割高だと思っています。がんにかかる確率から受け取れる可能性がある給付金に対し、どれだけ保険料を払うことになるのか試算してみましょう。

アフラックがん保険の保障内容と保険料の違い
一般代理店向け
「Aプラン」
郵便局専用
「JPオリジナルプラン」
診断給付金100万円
(上皮内新生物10万円)
100万円
(上皮内新生物10万円)
入院給付金(日額)1万円4000円
通院給付金(日額)1万円4000円
手術治療給付金20万円
放射線治療給付金20万円
抗がん剤治療給付金10万円
(一部5万円)
5万円
(一部2万5000円)
保険料(40歳男性)4310円2382円

(注)プレスリリースの概要から作成。給付金は入院・通院を除き一時金。保険料は月額

郵便局専用の商品は「新・生きるためのがん保険Days(JPオリジナルプラン)」。一般代理店向けの「Aプラン」との保障内容と保険料(40歳男性の場合)の違いは表の通りです。JPプランでは高額の先進医療に対応した特約も付加できません。

給付のためにどれだけの保険料が必要か
試算A 35歳男性が胃がんにかかる場合
給付見込み額保険料総額
60歳まで8万2880円64万3500円
80歳まで72万2240円151万9140円
試算B 30歳女性が乳がんにかかる場合
60歳まで17万2000円70万9200円
86歳まで77万4000円149万6640円
試算C がん罹患率が高い70~79歳に加入した場合
男性33万1520円112万2360円
女性22万3600円58万1040円

(注)「がん情報サービス」のがん罹患率や平均余命から試算

JPプランのパンフレットに紹介されている事例は2つ。(1)35歳の男性が胃がんと診断され、手術・治療で23日間入院。2年後に再発してまた23日間入院し、総額118万4000円を受け取る(2)30歳の女性が乳がんと診断され、手術・治療で12日間入院。退院後は抗がん剤治療を18回受け、総額172万円を受け取る――ケースです。それぞれ給付金の見込み額と、それに対する保険料総額を試算します。

胃がんの例では、35歳男性の保険料は月1916円。45歳からは2111円、55~64歳までは2671円です。国立がん研究センターがん対策情報センターの「がん情報サービス」のサイトによると、30歳と40歳の男性が60歳までにがんにかかる確率は7%です。したがって60歳までに受け取る可能性がある給付金は、118万4000円×7%=8万2880円と計算できます。これに対して60歳までに払い込む保険料の総額は64万3500円。8万円あまりの給付金のために64万円ほど払うことになるのです。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL