WOMAN SMART

ライフスタイル

干渉、過剰な期待、嫉妬…母が「重い」と感じたら

2014/10/14

【タイプ C】
娘の幸せを受け入れられない…「自分と比べたがる母親」

●このタイプの母親の傾向は?

進学や就職、結婚などで幸せを手にする娘を受け入れられず、自分が実現できなかったことを成し遂げる娘に嫉妬して、妨害してしまう。「娘としては、母が喜んでくれると信じていたにもかかわらず、認めるどころか否定されたりするので理解できず、混乱してしまうことも」。このタイプの母親は、自身も一生懸命頑張ってきた生真面目タイプが多い。それだけに自分を超えて成功し、幸せをつかむ娘への妬みが生まれることも。

→こう対応しよう

母親への同情や罪悪感にとらわれず、自分の幸せを最優先に考えてみよう。「『お母さんがどう思っても、これが私の幸せだから』としっかりと伝えましょう。このタイプの母は、娘が本気で訴えれば伝わります。それで母自身が大きく傷つくことはないので、罪悪感に悩まないで」。1回で伝わらないことも多いが、繰り返し伝える努力を。母親に気を使って言いなりになるのをやめ、自信を持って自分の思う道を進んでみよう。

【タイプ D】
娘に甘え、愚痴も言いたい放題…「依存してくる母親」

●このタイプの母親の傾向は?

娘がすべてを受け入れてくれるという甘えがあり、依存したり、とめどなく愚痴を言ったりするタイプ。「家族のために我慢してきたのよ」と、これまで自分が犠牲になったことを理由に、娘にわがままを言い続ける場合や、常に父親の悪口を聞かされる場合もある。「『私の我慢のおかげで今のあなたがあるのよ』と繰り返し聞かされると、常に母への後ろめたさを感じ、要求に対応せざるを得ないと思い込んでしまうことも」

→こう対応しよう

「このタイプの母は、娘への要求に際限がありません。求められたことすべてに応えるのではなく、本当に必要なことだけを見極めて、それ以外はきっぱり断って。愚痴を聞かされるのがつらいなら、無理して会わないなどの方法をとっても大丈夫です」。また、男兄弟がいる場合、娘に対する態度と、兄や弟に対する態度とが違うことがある。その場合は兄弟間で連絡を取って悩みを共有してもらい、対応策を考えてみるのもいい。

この人に聞きました

信田さよ子さん
原宿カウンセリングセンター 所長。臨床心理士。お茶の水女子大学大学院修士課程修了後、駒木野病院勤務などを経て、原宿カウンセリングセンターを設立。母娘問題のほか、アルコール依存症、DVなどに悩む人々のカウンセリングを行う。著書に『母が重くてたまらない 墓守娘の嘆き』(春秋社)など。

(日経WOMAN 福島哉香、ライター 西門和美)

[日経WOMAN2014年9月号の記事を基に再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
鎌田安里紗 ギャルだった私が「エシカル」を選んだ
日経DUAL
大ヒット文具開発パパ「娘におもろい!を言い続ける
日経ARIA
氷河期世代の44歳 ブラックな働き方と専業主婦の狭
日経doors
社会心理学でズバリ診断 あなたはこんなリーダーに
日経DUAL
岡崎朋美 育児と五輪挑戦を両立したことは私の財産
日経ARIA
山梨の限界集落に移住、家賃2万円の古民家で2拠点生
日経doors
離婚弁護士が教えるブラック彼氏の見極め方&対処法
ALL CHANNEL