チケットぴあが定価リセール 高額転売の歯止めに期待日経エンタテインメント!

ライブのチケットを取ったものの、急な用事ができて行けなくなった…。こんなとき、発券前のチケットを別の希望者に定価で譲れる「定価リセールサービス」を、プレイガイド大手のチケットぴあが2014年7月よりスタートした。リセール希望者と購入希望者のマッチングを行い、成立した場合にリセール希望者が券面金額の10%を利用料として支払うという仕組みだ。

サービスを担当するぴあライブ・エンタテインメント局の山中伸浩氏は、「ユーザーからの問い合わせのうち、ID・パスワード忘れに次いで2番目に多いのが、行けなくなった公演のチケットに関するもの。以前から手を付けたいと考えていた分野だった」と話す。

購入後のチケットを定価で売買できるようにすることで、顧客の利便性が大きく向上するが、実は「ネットオークションを中心としたチケットの転売防止も大きな目的のひとつ」(山中氏、以下同)にあるという。「ライブの楽しさは実際に行かないと分からない。当社としてのもうけはなくても、お客様が正価のチケットを安全に購入し遊びに行けるように、流通を健全化したかった」。この定価リセールサービスによって、ネットオークションでの高額転売や詐欺行為などを抑制していくのが狙いだ。

チケットを定価リセールできるのは、主催者側がサービスの利用を認めた公演のみ。スタートにあたっては、Web画面のサンプルなどを携え、2013年からイベンターや業界団体などと交渉。ぴあでは2013年度に延べ14万件の公演チケットを取り扱っているが、現在その約半数の公演で同サービスを実施し、順次拡大している。

チケットぴあの定価リセール。リセール対象の公演は、チケット購入のページで「アラート登録」の画面が現れる。10月上旬の時点では絢香、倉木麻衣、劇団四季などの人気公演も対象となっていた(時期により対象の公演は変わる) http://t.pia.jp/
エンタメ!連載記事一覧