ライフコラム

ヒット総研の視点

ダメよ~、昼顔妻…2014年の流行語大賞は女性発? 日経BPヒット総研 品田英雄

2014/10/9

 エンタテインメント、トレンド、健康・美容、消費、女性と働き方をテーマに、ヒット案内人が世相を切るコラム「ヒットのひみつ」。今を象徴するキーワードから、話題の理由、面白いワケなど、「ひみつ」を明らかにします。今回のヒットワードは「流行語大賞」。2014年の流行語を大胆予測してみました。

 2014年も残すところ3カ月を切り、さまざまなメディアで今年の総括の作業が始まっている。筆者のところにも、流行語大賞の予想問い合わせが舞い込むようになった。2013年の「じぇじぇじぇ」や「倍返し」ほどのインパクトある言葉は出てきていないが、今年はどうなるのだろう。流行語大賞をエンタテインメント界から予想してみよう。

候補1:「昼顔妻」

 7月から9月にフジテレビ木曜午後10時から放送されたドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」にあるような、平日の昼間に“恋”する既婚女性たちのこと。「平日昼顔妻」ともいう。

 従来の“不倫”を扱ったドラマでは、独身女性と既婚男性という関係が多かったが、「昼顔」では、上戸彩や吉瀬美智子が演じる人妻たちが、男性たちと恋愛をし関係を持つ。これまでとは逆のパターンであることがポイントとなった。ドラマのスタート時は視聴率も目立たなかったが、途中から数字を伸ばし終盤では16%を超えて同期の連続ドラマでは「HERO」(フジテレビ系)に次ぐ、第2位となった。

『ノンストップ!』 毎週月~金、午前9時50分~11時25分放送(フジテレビ系・一部地域を除く)

 ドラマをきっかけに、人妻たちが現実に恋をしているかをテレビ、ラジオ、インターネットなどのメディアが取り上げたことで流行語になった。特に、フジテレビの情報番組「ノンストップ」では、恋する既婚女性を「昼顔妻」と名付け、当人たちの投稿まで次々と取り上げた。この企画は人気を呼び、「ノンストップ」は8月に同時間帯の視聴率トップに躍り出ている。

 ヒットの背景を、現実には恋をしたくてもできない人妻が多いからヒットドラマになったのだとする意見がある一方、携帯電話や出会い系サイトの広がりで現実に恋をする人妻が増えているとする意見もあり、実態はよくわかっていない。ただ、既婚女性の恋愛に対する興味が膨らんでいるのは間違いないようだ。

ライフコラム

ALL CHANNEL