カレーなぜ変身? 印→英→日、国民食の秘話編集委員 小林明

独立運動家ボース(左)と妻の俊子=中村屋提供

ここでカレー史の秘話を紹介しよう。

「英国経由のカレー」を拒絶したカレーが日本にあるのをご存じだろうか。それが中村屋の「純印度式カリー」である。実は、このメニューが生まれた背景には英国の植民地統治からのインド独立運動が密接に関係しているのだ。

英国カレーを拒否した独立運動家ボース

1915年(大正4年)。新宿中村屋の店主、相馬愛蔵は日本に亡命していたインド独立運動の志士、ラス・ビハリ・ボースを新宿のアトリエにかくまっていた。右翼の巨頭で大アジア主義者の頭山満から依頼されたためだ。

敬虔(けいけん)なキリスト教信者だった相馬愛蔵は孤児院基金の募集や廃娼(はいしょう)運動に取り組み、芸術家を支援するなど開明的な人物として知られ、インドの独立運動にも理解を示していた。一方、ボースは英国のインド植民地統治に抵抗し、インド総督に爆弾を投げつけた事件を首謀した過激な独立運動家。英国政府に指名手配され、祖国を追われて日本に逃亡していた。

ボースが伝えた「純印度式カリー」=中村屋提供

こうした縁で出会ったボースと相馬夫妻との交流が始まる。

相馬夫妻はボースの独立運動にかける熱意とその誠実な人柄に次第にほれ込み、3年後には長女の俊子を嫁がせ、末永くボースを支援するようになっていた。

日本での長い亡命生活。ベンガル地方出身のボースが故郷を懐かしんで料理していたのが骨付きチキンと香辛料のたっぷり入った「純印度式カリー」だった。小麦粉は一切使わず、英国経由の西洋風カレーとは明確に一線を画していたのが特徴。ボースにとって、小麦粉を使ったカレーは「憎き英国による植民地統治の象徴」のように見えていたのかもしれない。

中村屋喫茶部に設けた「インド間」=中村屋提供

小麦粉を使わない「恋と革命の味」

「ちまたに出回っているのはインドのカレーではない。日本人に本場の上質な味を、ぜひ味わってもらいたい……」

ボースのこんな願いがかない、1927年(昭和2年)に新宿の中村屋本店1階に開設した喫茶部で「純印度式カリー」を売り出すことになった。一般的なカレーが10銭から12銭のところ、「純印度式カリー」は80銭という破格の高値。だが、すぐに客の評判を呼び、中村屋でも屈指の看板メニューになったという。

米は白目(しろめ)という上等な品種を使い、味の優れた鶏肉を確保するために山梨県に専門のシャモ飼育場を設けるほどの徹底ぶり。味覚や風味は当時の日本人の口に合うように工夫したが、小麦粉は一切使わなかったそうだ。

こうして中村屋の喫茶部は1933年(昭和8年)に移転拡張し、新館2階には豪華な「インド間」も設けられた。

インド独立運動の志士、ボースが伝えた「純印度式カリー」は、現在でも「恋と革命の味」として中村屋に脈々と受け継がれている。

エンタメ!連載記事一覧
エンタメ!連載記事一覧