不倫なのに胸キュン…「昼顔」に忍ばせた女心三竿玲子プロデューサーに聞く

ごく普通のパートの主婦、笹本紗和(上戸彩さん)は不器用な高校の生物教師、北野裕一郎(斎藤工さん)と不倫関係に

フジテレビ系のドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」が話題だ。18日放送の第10話の視聴率は16.7%と最高を記録した。夫を会社に送り出した後、家事をきちんとこなし、昼間にほかの男性と恋に落ちる主婦“平日昼顔妻”が主人公。はまっているのは既婚未婚問わず20~40代の女性たちだ。不倫ドラマはこれまでもあるが、心引かれるのはなぜか。あすの最終回を前に、プロデューサーの三竿(みさお)玲子さんに聞いた。

「候補はいろいろあったんです。女二人のバディものとか。でも、女性が主人公のラブストーリーを作りたいという思いがあった」。三竿プロデューサーは振り返る。きっかけは、脚本家の井上由美子さん、監督の西谷弘さんと企画会議をしていたときのこと。情報番組で「平日昼顔妻」の特集を見たとぽろっとこぼしたことから始まった。「話は盛り上がり、主婦の恋愛でいこうと」

フジテレビジョン編成制作局ドラマ制作センターの三竿玲子プロデューサー

ドラマでは2つの“主婦の恋愛”が進行する。上戸彩さんが演じる、マイホーム購入に向けパートにいそしむごく普通の主婦、笹本紗和(31)と、近くに越してきた吉瀬美智子さん演じる、夫が女性誌編集長のセレブ妻、滝川利佳子(39)。常に夫以外の相手がいる利佳子に導かれるように、紗和は高校教師(斎藤工さん)と一線を越えてしまう。ドライに不倫を重ねていた利佳子も不倫相手の画家(北村一輝さん)にのめり込んでいく。

「女性が主人公のラブストーリーって実はなかなかない」。男性が主人公の場合は女性は対象を憧れや理想で見られる。それが女性の主人公になると「憧れではなく、リアルさが求められる」。刑事や医療もののように、未知の部分が多い世界であれば「視聴者は入りやすい。恋愛観は皆がそれぞれで、しかも女性目線となると『そんなふうに思わない』と思われたとたん離れてしまう」

だからこそこだわるのは「あした、あなたにも起こりうる物語」であることの演出だ。子どもはいないが妻のことを「ママ」と呼ぶ夫、連絡もせずに突然家にやってくるシュートメ――。「不倫はあってはならないもの。だけど、日常の感覚や旦那さんへの不満、女の業(ごう)の部分に『この女心は分かる』と思わせる要素を忍ばせる」

MONO TRENDY連載記事一覧