「転職」がうまくいく、4つのポイント「おひとり力」養成講座

日経ウーマンオンライン

いまや、アラフォー年齢でも“3~4人に1人”が独身「おひとりさま」の時代(2010年総務省「国勢調査」)。おひとりさまとして、どう生きるべきか? 不安や悩みを持つ人もいるはずです。マーケティングライターの牛窪恵さんが、ひとりの場面でも安心して生きられる力、「おひとり力」の向上について、様々なテーマを紹介・分析します。今回は「転職」についてお話します。

秋から年末にかけては「転職」のシーズンでもあります。いままさに、転職先を検討中の女性もいるのではないでしょうか。「おひとり力」にとって、非常に大事な“仕事”の転機。働き女子の皆さんは、いったいどう考えているのでしょう?

一生続けられる仕事に出合うには?

「私たち、結婚後もどうせ『産んで働かなきゃ』ですよね。だから最初から、会社のランクを落として就活してます」

そう話してくれたのは、都内の名門女子大に通うA子さん(20代前半)。いわく「“私たち世代(20代前半)”は、ほとんどが専業主婦にはなれないと聞いた。ならば、家事も育児も仕事も、全部100%なんてとてもムリ。だから就活段階から、企業のランクを落として、働き続けやすい(ラクな)会社を選んで受けている」というのです。同じような声を、後にいくつも聞きました。

A子さん達の考えは、一理あります。「婚活」や「パラサイトシングル」の言葉を世に広めた中央大学の山田昌弘教授も、私がお会いするたびにこうおっしゃいます。

「いまの20代女性で、専業主婦で居続けられるのは、1割いるかいないかだ」

ならば確かに、最初から“ラクそうな”企業に勤めたほうが、ムリせず出産、子育てと両立できる。仕事なんて、どうせお金を稼ぐ手段なんだから……。ある意味で、とても賢い。私はいまの17~26歳の男女を、世の中を悟りきった「さとり世代」とも呼んでいます。

また、事前に「どうせこんなもの」と悟っていれば、過度に期待しすぎて裏切られるショックは少ない。ただ、どうしても陥りやすいのは「事前情報に振り回されやすい」こと。

先日取材した、入社3年目のB子さん(20代半ば)は、「転職先の情報をネットで調べたら、『ブラック企業』寄りの書き込みがいくつもあって、いまから不安で」と、顔を曇らせていました。

医師・医学博士で現在は医療やビジネスの現場で活躍中の狭間研至さんは、次のようにアドバイスします。「インターネットの情報や外部の噂に振り回されて『どうしよう』と悩むより、まずは『自分にとってイヤなことは何か』を考えてみてほしい」(狭間さん)

いまの薬学生や医学生に話を聞くと、彼らを悩ませているのは大概、外から聞いた情報。「○○病院はブラックらしい」「外科に行くと大変らしい」など、不確かな「らしい」に右往左往していることも多い、とのこと。

次のページ
SNSへの投稿がキッカケで希望の業界へ