能年・有村・橋本…「あまちゃん」出身女優、その後日経エンタテインメント!

能年玲奈、有村架純、橋本愛――NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』によって大きな注目を集めた3人の若手女優だが、出演後の仕事ぶりは三者三様に分かれた。あまちゃん効果を最大限に生かす者、脱あまちゃんを狙う者、彼女たちの本当の対決はこれから始まる。

出演作を厳選した能年、積極的に露出した有村

2013年4~9月放送のNHK朝ドラ『あまちゃん』は、宮藤官九郎によるユニークな脚本が幅広い層に支持され、最高視聴率27.0%(ビデオリサーチ関東地区)を記録した。このドラマの大ヒットで知名度を伸ばしたのが、主演の能年玲奈、主人公の母親の少女時代を回想シーンで演じた有村架純、主人公の親友・ユイ役の橋本愛である。

ここ数年はAKB48人気の勢いに押され新しい女優のスターがあまり生まれなかったが、主演女優の世代交代が進み、若手女優が注目を集めるようになってきた。そのきっかけを作ったのが、『あまちゃん』出身のこの3人だ。

しかし、朝ドラ放送終了後の3人の戦略は、それぞれ異なった。

露出を抑え“脱あまちゃん”を狙う能年玲奈。『あまちゃん』の主演女優としてその後の活躍が期待されたが、ドラマや映画の出演はほとんどなく、主なメディア露出はCM出演のみという状態が続いた。映画『ホットロード』で久々の登場、イメージチェンジを狙う(写真=辺見真也、作品写真を除いて以下同)
CM・ドラマ連投で“あま効果”生かす有村架純。『あまちゃん』後の駆け出しが見事だったのが有村。大量のCM出演、ドラマへの連投で一気に知名度をアップさせた。2015年公開の映画『ストロボ・エッジ』のため、ショートカットを披露してイメチェンにも挑戦

能年玲奈は、『あまちゃん』のイメージがいつまでも抜けなくなってしまうことを警戒して出演作をじっくり選び、メディア露出を絞ってきた。朝ドラ以降のドラマ出演は2014年4月放送の『世にも奇妙な物語'14春の特別編』のみ。2014年8月に、満を持して主演映画『ホットロード』が公開され、番宣のために数多くのテレビ番組に出演して、久々に注目を集めた。

対照的に有村架純は、『失恋ショコラティエ』『弱くても勝てます』など連ドラに積極的に出演したほか、『あまちゃん』効果でCM起用が増え、2013年は11社(ニホンモニター調べ)に出演。むしろ、「朝ドラ以降」に認知度が伸びた。映画も朝ドラ終了以降に5作品が公開され、ジブリ映画『思い出のマーニー』では主人公の1人、マーニーの声優を担当した。

『ホットロード』。紡木たく原作の80年代のベストセラーコミックが原作。不良少年の春山洋志(登坂広臣)に恋する主人公・宮市和希を能年が演じる。純愛、母と娘の葛藤などを描く(松竹配給) (C)2014「ホットロード」製作委員会(C)紡木たく/集英社
『ストロボ・エッジ』。2007年から2010年に連載された咲坂伊緒原作の人気少女コミックが原作。ともに『あまちゃん』出演でブレイクした、有村と福士蒼汰の共演は、『スターマン・この星の恋』『弱くても勝てます』に続き、今作で4度目(2015年3月公開/東宝配給) (C)2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社

認知度と関心度の数値を基にした「タレントパワースコア」(アーキテクト調べ)では、能年は『あまちゃん』の顔だっただけに朝ドラ放送終了直後は他の2人を大きく引き離していたが、その後の数値の変化はあまりなかった。対して、有村はCM出演で知名度を急伸させ、右肩上がりでスコアを伸ばしてきた。

タレントパワースコアの推移。アーキテクト社「タレントパワーランキング」の調査データより。タレントパワーとは「認知度」と「関心度」を掛け合わせたスコア
エンタメ!連載記事一覧