98年が秋葉原サブカル元年、ラジオ会館が映す激変史

建て替えが終わった秋葉原ラジオ会館。周辺にはアニメ系の店が並ぶ

7月20日、東京・秋葉原駅前の商業ビル「秋葉原ラジオ会館」が建て替えを終え、3年ぶりに再オープンした。初日は開店前から約4千人が列をなし、変わらぬ人気を見せつけた。ラジオ会館といえば「秋葉原の顔」。戦後の秋葉原の歩みを見続けてきた。闇市から電気街、そしてサブカルチャーの街へ。劇的に変化してきたラジオ会館の店舗構成をたどり、秋葉原の変遷を追った。

ラジオ会館は「パソコン発祥の地」

秋葉原ラジオ会館が開業したのは1950年。当初は木造2階建てで、1階に真空管や部品などを扱うテナントが入っていたという。ちょうどGHQ(連合国軍総司令部)の露店撤廃令で行き場を失った露店が、移転先を探していた時期だった。

62年、会館の南側に8階建てのビルが建つ。秋葉原電気街初の「高層ビル」だった。72年には会館自体を建て替え、南側のビルと合体して8階建ての秋葉原ラジオ会館本館が完成する。これが長らく「ラジ館」として親しまれてきたビルだ。当初は無線やラジオの部品を扱う店が大半を占めていた。

現在の秋葉原

転機が訪れたのは76年。NECがマイクロコンピューター=マイコン普及の拠点として「ビットイン」をラジオ会館7階に開いたのだ。

ちなみにマイコンとは今でいうパソコン。7階フロアには長らく「パーソナルコンピュータ発祥の地」というプレートが飾ってあった。マイクロコンピューターが正しい呼び名だが、70年代後半には「マイコンピューター」の略という説もあったようだ。確かにこちらの方がパソコンのニュアンスに近い。

76年から77年にかけて、日本ではマイコンブームが到来した。76年、NECのマイコン「TK-80」が大ヒット。当時としては異例の6万台を売った。同年には西和彦らが日本初のマイコン専門誌「I/O(アイオー)」を創刊。西らが「月刊アスキー」を出したのは翌77年のことだ。

秋葉原ラジオ会館、店舗の移り変わり その1(1984年→91年)
階数1984年1991年7月
8F秋葉原ラジオ会館、ラジオ会館ホール、西東書房秋葉原ラジオ会館、ラジオ会館ホール、西東書房
7FNEC BIT-INN、マイコンスーパーグレイン、日立マイコンセンターGAIN、秋葉原BYTE SHOP KOYO、富士音響マイコンRAM、エフ商会NEC BIT-INN、スパーブレイン東海無線、日立マイコンセンターRAM、第一家電、パルテック、真光無線、エフ商会、ナダ無線
6F真光無線、サトームセン、協栄電気、第一家庭電器、小沼電気真光無線、サトームセン、富士通プラザ、協栄電気、第一家庭電器、小沼電気、メトロ電気商会、テレビイ商会
5F真光無線、サトームセン、協栄電気、第一家庭電器サトームセンパソコンランド、マイコンパルス、丸山無線、トモカ電気、佐伯無線、テレオン
4Fサトームセン、関東BYTEショップ、清進商会、木村無線、富士音響、三栄無線、東海オーディオ、若松通商サトームセン、パスカル、清進商会、木村無線、富士音響テープセンター、三栄無線、若松通商、丸善無線、ナダ無線、コトブキ
3Fサトー無線、第一家庭電器サトー無線、第一家庭電器
2F真光無線、サトームセン、第一家庭電器、光陽電気、丸山無線、大洋無線、花房電気真光無線、サトームセン、第一家庭電器、光陽電気、丸山無線、大洋無線
1F真光無線、小沼無線、サトームセン、第一家庭電器、トモカ電気、丸山無線、佐伯無線、テレオン、タイヨー無線、山本無線、コトブキ無線、ナダ無線、カブト電器、テレビ商会、十字屋真光無線、小沼無線、サトームセン、第一家庭電器、トモカ電気、丸山無線、佐伯無線、テレオン、大洋無線、山本無線、コトブキ無線、ナダ無線、カブト電器、テレビイ商会、十字屋

※店舗名はゼンリン「住宅地図」を参照、年月は地図の発行日。

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
次のページ
1970年代後半、マイコンブーム到来
エンタメ!連載記事一覧