ナショジオの水中写真家厳選 楽園ダイビングスポット極上の世界旅行

2014/10/5

4:パプアニューギニア(南太平洋)

サンゴ礁は世界各地にありますが、南太平洋にあるパプアニューギニアのサンゴ礁は、生き物の種類が大変豊富なことで有名。特にサンゴの種類が豊富で、パプアニューギニアやフィリピン、インドネシアなどを含む海域「コーラル・トライアングル」には、世界のサンゴ全種類の76%が生息しています。ダイビングスポットも数多くあり、キンギョハナダイやバラクーダ(オニカマス)、タイマイなどの姿を見られるかもしれません。第2次世界大戦時に沈没した戦艦や航空機、潜水艦を見られるダイビングスポットもあります。

キンギョハナダイなど色鮮やかで多様な魚たちが、パプアニューギニアのサンゴ礁を生きた万華鏡へと変える(写真:Stocktrek Images, Inc./Alamy)

5:バミューダ諸島(北大西洋)

米国ノースカロライナ州から1000キロ以上離れた、北大西洋に浮かぶバミューダ諸島は、人気のリゾート地。周辺に広がるサンゴ礁は、カグラザメやイカ類など4500種の海洋生物が生息する絶好のダイビングスポットですが、500年余りにわたって200隻近い船が難破した危険な場所としても有名で、「悪魔の島」と呼ばれてきました。ダイビングツアーに参加して、透きとおったバミューダの海に横たわる難破船を訪ねてみましょう。

北大西洋にあるバミューダ諸島周辺の海の底には、数百もの難破船が沈んでいる(写真:Mike Theiss/National Geographic Creative)

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[『一生に一度だけの旅 極上の世界旅行』を基に再構成]

一生に一度だけの旅 GRANDE 極上の世界旅行〔新装版〕

著者:マーク・ベイカーほか
出版:日経ナショナルジオグラフィック社
価格:3,240円(税込み)

ナショジオメルマガ
注目記事
ナショジオメルマガ