接待復活 交際費増え、芸者さんフル稼働

バブル期から半減した接待消費がここへ来て盛り返している。アベノミクス効果に加え、今年度からは大企業の飲食接待費の50%を非課税とする税制改正もあり、高級飲食店は軒並み好調だ。もっとも、銀座のクラブなど2次会に流れる慣習は廃れ、波及効果は限られている。最近の接待事情を探った。

「料理は5万円でお願いできますか」

芸者を呼ぶことは、日本の接待で最高級のもてなしのひとつ(東京都港区の料亭「赤坂浅田」)

明治初めに創業し、多くの文豪にも愛された東京・神楽坂の料亭「うを徳」。2011年の東日本大震災以降、大きく減っていた接待利用が4月に入り、少しずつ戻り始めた。「ぱったり途絶えていた製薬会社から声が掛かったのには、こちらがびっくりしましたよ」と6代目の萩原隆介社長は笑顔で話す。

人気は食事、サービス料、税金込みで飲み放題付きの2万円のプラン。気軽に来店してもらおうと2年ほど前から始めたが、4月以降は最も高い2万5000円の会席コースも増えている。「客単価が上がっているのは、やはり税制改正のおかげかな」と萩原社長。

「料理は5万円でお願いできますか」。東京・赤坂の老舗料亭「赤坂浅田」では今年度に入って、こんな要望が舞い込むように。夜の会席は最高額が3万4000円。料理を5万円に設定すると、飲み物や席料で1人あたり総額8万~9万円になる。「最近では芸者を呼ぶお客様も多く、赤坂に約20人いる芸者はフル稼働」と運営する浅田屋伊兵衛商店(東京・港)の浅田松太社長は話す。

安倍晋三首相もたびたび訪れる「Wakiya迎賓茶樓(ちゃろう)」(東京・赤坂)は昨年春ごろから接待利用が増え始めたが「税制改正でさらに一段高まった感じ」(萩原清澄・統括支配人)。5人対5人といった大人数の接待も増え、売り上げは前年度比15%増で推移する。顧客の要望にきめ細かく対応するため、今年から予約対応の専属電話スタッフを5人置いた。