ポイントは、データを書き換える必要があるか否かだ。例えば、写真や動画の長期保存ならデータを書き換える必要がないので、1回記録型のディスクを選ぶ。保存したいデータの容量に合わせて、CD-R、DVD-R、BD-Rを使い分ければよい。

図7 DVDとBDには、2層または3層のディスクがある。こうしたディスクを使うと、DVDでも8.5ギガ、BDなら50ギガや100ギガの大容量を利用できる。なおBDには4層の規格もある。3層、4層のディスクをまとめて「XL」と表示することが多い

一方、よく更新するファイルのバックアップなら、書き換え型のディスクがお薦めだ。こちらも、保存したい容量に合わせて、CD-RW、DVD-RW、BD-REを使い分ける。

なお、自分のパソコンでBDが使えても、他人のパソコンでBDが読めるとは限らない。だから、他人に配布するなら、互換性が高いCD-RかDVD-Rがよい。

ところで、DVDとBDには、記録層を2重または3重にした複層構造のディスクがある。記録層を増やすことで、容量を大幅に引き上げているのだ(図7)。

こうしたディスクを利用する際、盤面を裏返す必要はない。記録層と記録層の間には、半透明の反射膜が設けられている。そして、レーザーの波長を変えることで、遠くの記録層を直接読み書きできる仕組みになっているからだ(図8)。

図8 片面複層の光ディスクでは、利用する面によってディスクを裏返す必要はない。レーザーの波長を変えることで、遠い記録面にデータを読み書きできるからだ
次のページ
安く購入するならスピンドルケース入り
MONO TRENDY連載記事一覧