「保管に不織布カバー」はNG 光ディスクの基礎知識

日経PC21

DVDやブルーレイディスク(BD)などの光ディスクが記録メディアの定番として定着して久しい。最近は低価格化が進んだハードディスク装置(HDD)やUSBメモリーなどと比較されることも多いが、気軽に使える安価なメディアとしての地位は揺らいでいない。今回はこれら光ディスクの基本をおさらいしよう。(記事中の価格は2014年8月上旬時点のもので、税別と別記されたものを除き税込み価格)

光ディスクの大きな特徴は、何と言っても価格の安さだ。1枚当たりに換算すると数十円から購入できる。しかも、さまざまな容量のディスクがあるので、用途に合わせて無駄なく使える。さらに、保管方法さえ正しければ、数十年単位でデータを保持できるのも特筆すべきポイントだ(図1)。

図1 DVDやブルーレイディスク(BD)などの光ディスクには、(1)価格が安い、(2)さまざまな容量がある、(3)長持ちする、といった特徴がある。こうした長所を生かすには、仕事のファイルやデジカメ写真などの保管、よく更新するファイルのバックアップ、他人への配布などに使うと効果的だ

こうした強みが生きる使い方として、(1)頻繁に更新するファイルのバックアップ、(2)仕事のファイルやデジカメ写真などの長期保存、(3)デジカメ写真やファイルの配布――などが挙げられる。

ほかの記憶装置では必ずしもこうはいかない。有料のクラウドストレージの場合は、長く使い続けると意外と費用がかかる。HDDやUSBメモリーは早ければ数年後にデータが読み出せなくなる可能性があるので、長期のデータ保存には向かない。また、USBメモリーは安くなったとはいえ、1個数百円はするので、他人に配布するには使いづらい。

ブルーレイディスクは大容量で単価も安い

さて、光ディスクを使うには、ディスク、ドライブ、ソフトについて、一定の知識が必要だ。ここでは、必要な知識をかいつまんで説明しよう。

まずは、ディスクについて。光ディスクには、CD、DVD、Blu-ray Disc(BD)という3つの規格がある。いずれも外見は直径12センチの円盤だが、容量はまったく異なる(図2)。図3は容量の違いを面積で示したもの。いかにBDの容量が大きいかがわかる。

[左]図2 光ディスクは、CD→DVD→BDの順に規格が策定された。互換性はCDが最も高い。なお、パソコンによってはBDが利用できないものもある。速度はそれぞれ1倍速のデータ転送速度、価格は10枚パックの市場価格を調査して1枚当たりの単価を算出した [右]図3 容量の違いをディスクの面積で示してみた。BDの容量がいかに大きいかが一目瞭然だ
次のページ
DVD、BDには2層式、3層式のディスクも
MONO TRENDY連載記事一覧