「カレーの矛盾」が原動力? 即席カレー戦国史編集委員 小林明

即席カレーは3次にわたる激しいシェア拡大競争があった

酷暑も徐々に和らいできた9月。夏バテ対策として香辛料がピリリと利いたカレーを食べる人も多いのではないだろうか?

そもそもカレーは欧州に広まったインド料理が明治期の文明開化とともに日本に伝えられたものだが、庶民の食生活に定着するのは戦後のこと。その後、日本で独自の食文化として発展を遂げ、子どももおいしく食べることができる栄養価の高い「国民食」としての地位を固めてゆく。戦後生まれの団塊の世代の発育を支え、日本経済の発展を側面からけん引してきたわけだ。

原動力となった「カレーの矛盾」とは?

ところで、家庭で手軽にカレーが楽しめる固形即席カレー(カレールウ)の歴史をたどってみると、3次にわたって起きた「即席カレー戦争」を通じて巨大市場に発展してきたプロセスが読み取れる。その成長の原動力になったのは「カレーの矛盾」――。さらに核家族化や生活水準の向上など家庭の構造や食生活の変化もはっきりと浮かび上がるので興味深い。

そこで今回は即席カレーの歴史を振り返ってみよう。

3次にわたるカレー戦争、高度成長とともに市場拡大

カレールウとはカレー粉、小麦粉、油脂、スパイスなどを加熱調理したうえで水分を飛ばし、固形にしたもの。油脂分が常温で固まるという性質を利用してルウ全体が固められている。

まず戦後の即席カレー市場の変化を統計で確認しておこう。

グラフを見ると、生産量が高度経済成長とともに急速に増加してきた様子が分かる。1955年に4358トンだった生産量は70年までに70605トンと16倍以上に増加。しかし安定成長期に入った70年代以降、生産量は徐々に横ばいに移行してしまう(グラフは95年から調査対象を拡大)。

業界関係者によると、その間、国内の主要メーカー同士による3次にわたる激しいシェア拡大競争があったとされる。メーカーの技術革新や消費者の好みの変化を通じて、日本のカレー文化の象徴であるカレールウが大きく変貌を遂げてきたのだ。

では、第1次(1950年~60年代半ば)、第2次(60年代後半~70年代末)、第3次(90年代半ば~2000年代前半)に分けて各戦争の詳細を追いかけてみよう。

エンタメ!連載記事一覧