コミュニティー衰退へ警鐘 日経読書面今週の5冊2021年9月25日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

第三の支柱 ラグラム・ラジャン著

>>日経電子版で書評を読む コミュニティー衰退へ警鐘

原題=THE THIRD PILLAR(月谷真紀訳、みすず書房・3960円) ▼著者は米シカゴ大教授。13~16年、インド準備銀行(中銀)総裁。専門は銀行論、企業財務論、経済開発論。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


においが心を動かす A・S・バーウィッチ著

>>日経電子版で書評を読む 覆される視覚中心の世界観

原題=SMELLOSOPHY(大田直子訳、河出書房新社・3135円) ▼著者は認知科学者・哲学者。米インディアナ大准教授。本書が初の著書。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


赤い魚の夫婦 グアダルーペ・ネッテル著

>>日経電子版で書評を読む ハルキ世代による中米奇譚

(宇野和美訳、現代書館・2200円) ▼著者は73年メキシコシティ生まれ。現代メキシコを代表する作家。作品は十数カ国語に翻訳されている。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


言語学バーリ・トゥード 川添愛著

>>日経電子版で書評を読む 思考の過程も活字で見せる

(東京大学出版会・1870円) かわぞえ・あい 73年生まれ。専門は言語学、自然言語処理。著書に『ヒトの言葉 機械の言葉』『ふだん使いの言語学』など。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


やさしい猫 中島京子著

>>日経電子版で書評を読む 入管の実態を綿密な取材で

(中央公論新社・2090円) なかじま・きょうこ 64年東京生まれ。著書に『小さいおうち』(直木賞)、『夢見る帝国図書館』(紫式部文学賞)など。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介