「孤独の世紀」の様相描き出す 日経読書面今週の5冊2021年9月18日付

毎週土曜日付の日本経済新聞の読書面で、評者の署名入り書評を掲載した本を紹介します。書評は日経電子版で読むことができます。

 

◇   ◇   ◇

 

THE LONELY CENTURY なぜ私たちは「孤独」なのか ノリーナ・ハーツ著

>>日経電子版で書評を読む 効率性の追求が生んだ矛盾

原題=THE LONELY CENTURY(藤原朝子訳、ダイヤモンド社・2420円) ▼著者はユニバーシティ・カレッジ・ロンドン名誉教授。著書に『巨大企業が民主主義を滅ぼす』など。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


最後通牒ゲームの謎 小林佳世子著

>>日経電子版で書評を読む 経済学では説明できぬこと

(日本評論社・2090円) こばやし・かよこ 南山大准教授。東京大学大学院博士課程単位取得満期退学。専門は行動経済学、応用ゲーム理論、法と経済学。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


鷹将軍と鶴の味噌汁 菅豊著

>>日経電子版で書評を読む 江戸を魅了した鳥肉食文化

(講談社・1980円) すが・ゆたか 63年長崎県生まれ。東京大学教授。専門は民俗学。著書に『修験がつくる民俗史』『川は誰のものか』など。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


友よ、水になれ シャノン・リー著

>>日経電子版で書評を読む ブルース・リーが残した言葉

原題=BE WATER, MY FRIEND (棚橋志行訳、亜紀書房・2420円) ▼著者は米国生まれ。ブルース・リー財団会長。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


行く、行った、行ってしまった ジェニー・エルペンベック著

>>日経電子版で書評を読む 難民という目に見えぬ人々

(浅井晶子訳、白水社・3630円) ▼著者は67年生まれ。舞台監督、小説家。本書でトーマス・マン賞を受賞した。著書に『年老いた子どもの話』。 ※書籍の価格は税込みで表記しています


ビジネス書などの書評を紹介