WOMAN SMART

キャリア

「非正規」不安を乗り越える4つの方法

2014/9/15

日経ウーマン

契約&派遣社員…これからの幸せな働き方とは? 正社員に比べ、派遣社員や契約社員などの非正規社員は、雇用や収入に対する不安が大きいもの。そこで、こうした“非正規不安”をなくしていくために今取り組むべきことを聞きました。

■中長期の視点に立ちキャリアを考えてみよう

「ずっと働き続けられるか心配」「長期的なキャリアプランを考えにくい」──非正規社員として働く女性にとって、雇用の不安は大きい。お仕事不安を解消し、自分らしいキャリアを築くには、どうしたらいい? 

「それまで身に付けたスキルを武器に、正社員を目指すのは一つの方法」とリクルートワークス研究所の中村天江さん。中村さんによると、労働契約法の改正で18年以降は、契約社員であっても、同じ会社で長く働く道が法的に整備されるという。

「13年4月以降、契約社員は一つの職場で5年間働くと、『無期社員』への転換を選択できるようになりました」。無期社員とは、文字通り雇用期限のない社員のこと。正社員と同様の昇給や手当が保障されるわけではないが、一つの会社で長く働くルートができる。

一方、派遣社員を巡っても、15年に労働者派遣法が改正される見通しで、派遣を取り巻くルールが大きく変わることになる。

ただ、労働市場全体で見ると、女性の非正規雇用の割合は年々増え、13年は過去最高の55.8%に(総務省の労働力調査)。キャリアカウンセラーの錦戸かおりさんは「雇用全体が不安定化しているなか、正社員でも決して安泰とは言い切れなくなっている」と話す。長く自分らしく働くためには、どんな雇用形態であってもひとりひとりが組織に頼らないキャリアプランを立てていくことが大切になる。

一方で、今の職場で真摯に仕事に取り組み、人とのつながりを大事にすることも不可欠だと2人は口をそろえる。「コミュニケーション力に長けた人は需要が高い。そのため、人から人への紹介で仕事を見つけやすくなります」(中村さん)。今の職場で力を発揮し、周囲との信頼関係を築いておくことが、次のキャリアにつながる。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
25歳社長・酒向萌実が実践する「閉じない」働き方
日経DUAL
低学年夏のルール作り テレビやゲームの制限は
日経ARIA
吉田晴乃さん死去の前日、人生最後になった渾身の演
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
ALL CHANNEL