WOMAN SMART

キャリア

「非正規」不安を乗り越える4つの方法

2014/9/15

「企業の求人意欲が旺盛な今は、自分らしい仕事を考え、チャレンジするのに適した時期」と中村さん。今後、一つの職場で長く働きたいなら正社員を目指して転職サイトに登録してみる、スキルアップを目指すなら専門スキルを身につけられる派遣先を探すなど、中長期的な視点でこれからの働き方を考えてみよう。

■非正規雇用を取り巻く環境はどうなる? 変化を読み解く5つのキーワード

(1) 専門職の人材ニーズが上昇

「労働市場が流動化し、専門スキルを持つ人材へのニーズが高まるなか、安心して任せられる技術を持った人は人材難の状態。今でいうとウェブ系などの専門スキルがあれば、どこででも求められる存在になれます」(中村さん)

(2) 働き方がますます多様化

正社員、限定正社員(準社員)、非正規社員……と働き方が多様化しつつあるなか、「一つの仕事だけでなく、複数の仕事を持つ人も増えています」(錦戸さん)。さまざまな働き方のなかで、自律的に自分のキャリアを考えていくことが大切になってくる。

(3) 仕事の掛け持ちが常識に?

終身雇用、年功序列といった従来型の雇用形態が崩れ始めており、今後収入が右肩上がりで増えることは難しくなる。副業などで収入を補強する人が増える可能性大。また、キャリアを強化する意味でダブルスキル、トリプルスキルを求める人も増えつつある。

(4) サービス業での雇用が急増

「20年のオリンピック需要で、サービス系業務のニーズが増すことは確実。その後も高齢化に伴い、介護などの医療や情報サービスの分野で雇用が伸びます。これらの職種は慢性的に優秀な人材を求めているので、女性活躍の場も多く、長く働ける可能性もあります」(中村さん)

(5) 「派遣35歳限界説」が崩れる?

「若手の労働力人口が減り、全体的な年齢構成が上がったことで、年齢の縛りは緩やかに崩れつつあります。人材育成している余裕のない企業も増えているため、即戦力となる人材はどこも欲しい。今後もこの流れは続くでしょう」(中村さん)

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
日経ARIA
マレーシアに7年住み知った 移住に向く人、向かな
日経doors
読者9割「メンターが必要」 欲しいアドバイスは?
ALL CHANNEL