WOMAN SMART

ビューティー

汗、実は無臭 気になる体臭は「疲労臭」かも カラダのお悩み何でも診療所(5)

2014/9/3

日経ウーマン

誰にも聞けない「カラダの悩み」ありませんか? 気になっている症状に、どう対処したらいいのでしょうか。さまざまな女性のカラダの悩みにお答えします。今回は「汗の臭い」。汗の臭いの原因は、ほとんどの場合、汗そのものではありません。湿度で肌表面の雑菌が増えるなどして、臭いが発生します。拭き方や生活習慣の改善で、臭いをケアしましょう。
お悩み
汗の臭いが気になります。どうしたら防ぐことができますか?(30歳・食品・営業)
(イラスト:竹脇麻衣)

暑いときに出るサラッとした汗は、99%以上が水分です。そのため、汗そのものは無臭。ところが、そのまま放っておくと、湿気で皮膚表面の雑菌が増えるため、臭いが発生してしまいます。ですから、汗をかいたら、きちんと拭くことが大切。臭いの成分は水溶性なので、ボディシートなどで汗を拭けば大丈夫。菌が増え始めるのは汗をかいてから6時間後ですから、それまでにケアするのがいいですね。

汗をかく習慣のない人は、汗腺の機能が衰えているため、アンモニアなどの臭い成分を含むベタついた汗をかきやすくなっています。汗腺は鍛えられますから、普段から運動をしたり、入浴中に汗を出したりするなどして汗の質を変えていきましょう。

これ以外に、人の体には、そもそも臭いの成分を含んだ汗を出す部位があります。ワキや性器の周辺からは、脂質、糖質、アンモニアや尿素などを含む汗が出る汗腺があるのです。ワキの汗は、制汗剤を使ったり、出た汗を早めに濡れタオルなどで拭いたりすればケアできます。

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
暗闇ボクシング爆速成長 経営者は20代塚田姉妹
日経DUAL
中学受験からの撤退 挫折感を持たせない方法は?
日経ARIA
マレーシアに7年住み知った 移住に向く人、向かな
日経doors
読者9割「メンターが必要」 欲しいアドバイスは?
ALL CHANNEL